ここから本文です

日本の仏教はなぜホームレスを支援しないのだ アメリカの大都市では教会が中心に...

enthusiasticmioさん

2009/4/514:08:54

日本の仏教はなぜホームレスを支援しないのだ
アメリカの大都市では教会が中心になってボランティアを集めホームレス支援(炊き出し、衣類を集めて配る、など)を行うことがよくあります。

東京や大阪のお寺がホームレス支援をしているという話はあるかもしれませんが聞いたことがありません。
なぜなのか考えてみました。
①仏教にはキリスト教と違い、物質的に恵まれている人がいない人を助けるという慈善精神がない。
②日本の僧侶はたとえば法事に行けば医師や弁護士に匹敵する1時間5万円の収入があり年収も数千万あり、プライドが高く無給でかわいそうな人の援助をすることなど考えられない。
③中には意識が高く活動したい僧侶もいるが組織の中にヒエラルキーがあり何か新しいことを始めるのは困難だ。

現在のような時期だからこそ、日本のお寺がその組織力、財力を使って恵まれない人の援助を始めたら人々は本当の意味で彼らを尊敬するのにと思います。

閲覧数:
2,354
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2009/4/701:21:33

貴方の実に素晴らしいこの質問に感激を覚えます!

私は30年も海外に居住していますが、たしかに日本の仏教界は明治以降の世襲制と戦後の宗教法人法とによって、完全に世俗化しています。

馬鹿息子でもお寺を堂々と世襲し、坊主丸儲けでせっせと蓄財に励む姿からは、もはや日本の仏教界は堕落の一途を辿っている事は事実です。

現在の日本の仏教界はどの宗派も、宗派内の権力闘争に明け暮れるばかりで、僧侶は地位と名誉とお金と女を求めて、恥も外聞もない有様です。

日本ではお寺はホームレスなど関心外です。

ましてや慈善事業や海外の恵まれない人への寄付など論外です。

坊主はお布施は当たり前のような顔をして貰うくせに、寄付などの慈善事業にはびた一文関心がありません。

アメリカではホームレスや貧しい人たちを救援する活動の中心は地元のキリスト教会です。

また世界のキリスト教団体は先を争って海外への普及活動と慈善事業を行っています。

日本国内で宗教法人法によって税金をまともに払っていない仏教界は、自分の利益にもならない慈善事業には本当に冷たいです。

世襲制と宗教法人とによって坊主丸儲けで慈善の精神を失った日本仏教界は、もはや宗教団体を名乗るだけの値打ちもありません。

この事実に気づいた貴方は実に立派です。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2009/4/522:02:39

ホームレス支援を行う寺院はあります。
石手寺http://nehan.net/homeless.htm
本願寺札幌別院http://unkar.jp/read/mamono.2ch.net/newsplus/1234876896
あなたと同じような意見のかたもいるみたいですよ http://c.2ch.net/test/-/okiraku/1193372361/254-

仏教の教理の事はよくわからないのですが、支援をおこなわなければならないと考える人々が、仏教徒には全くいないという
わけではないとおもいますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。