日本は海外のようにタクシー代を安くは出来ないのでしょうか? 経費削減や人件費削減、タクシーに限らず交通機関は減税するなどで可能ではないでしょうか?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさん、ありがとうございました。

お礼日時:9/18 0:43

その他の回答(3件)

0

特に乗務員といった人間だと規定の料金だけでなく、チップ(心づけ)の収入が大事になります。欧米だと一般的に料金の10〜15%をチップとして支払うのが基本とされています。ちなみに高級ホテルとかでルームサービスやベットメイキング、ベルボーイに荷物を運ばせたなどのサービスを受けた場合も、チップを払うのが習慣としている国や地域が多いです。 また経費についてですが、日本だと自動車保険は強制加入が義務付けられる自賠責保険と任意保険がありますが、海外だと自賠責保険自体がない代わりに、任意保険を購入しないといけない国(アメリカ)だったり、最低でも対人対物無制限の保険が強制加入(イギリス)だったりしますし、自動車にかかる税金がそもそも違ったりと、自動車の維持管理の考え方が違います。そのため車内清掃は必要最低限だったりしています。 整備はそれなりにしますが、日本に比べる自身での整備が求められることもありますので、そういったところも日本とは違いがあります。 纏めると人件費はチップで補充、経費は国や地域によって変わるが、日本ほど高くはないと言えます。

1

八王子のタクシーです。 うちの地域では時間メーターは95秒で100円上がります。 なので、1時間メーター入れて停めていると4000円弱上がります。 時間帯にもよりますが、八王子駅から都心方面で1時間走行すると調布駅より少し先まで行けるくらいです(下道で)。 距離にすると20km程度、料金8000円程です。 戻る時間も同じだけかかるので、我々にすると2時間で8000円=1時間4000円で結局同じ事です。 じゃあ都心方面に行ったらそのままそっちで営業すれば?という訳にはいきません、営業の区域や入れる駅は決まっているので、都心で流し営業もできませんし府中駅や立川駅で駅付けする事もできません。 流し営業主体の地域じゃないので、基本はピストン輸送(お客様を送ったらまた同じところに戻る)で、合間に迎車が絡む感じです。 さて、1時間で4000円は高いのでしょうか? 税抜にしたら約3600円です。 約半分は乗務員の給料、残りの約半分から経費を引いた分が会社の取り分です。 という事は、1時間の距離のロング客を乗せても、時給に換算すると1800円です。 駅付けで待機してる間は当然無収入ですから、今のこの厳しい時期、平均すると最低賃金前後の時給になります。 昼はまだしも、夜専属のドライバーは悲惨です。 これでも運賃が高いと思う方は乗らなくていいです。 仮に運賃25%引き下げになれば利用客も増えるでしょう。 しかしその金額では、走りっぱなしでも時給1300円程度になります。 ガソリン代等の会社負担も大きくなります。 結果として多くのタクシー会社は体力が続かず倒産、今度は乗りたくても乗れない状況になります。

1人がナイス!しています

まだお若いようですが、バイトの経験はありますか? 東京は来月から最低賃金1041円です。 なんのバイトをしても1041円は貰えます。 そんな中、熟練のドライバーでも時給1200〜1300円しかないような未来になんの希望がもてますか? 海外は比較になりません。 税金も違う、物価も違う、助成も違う。 生活できない運転手も多数、だから特に何も分からない観光客はカモでぼったくりまくり。 Uberは元々配車サービス、日本みたいに2種免許の不要な国で、一般人の自家用車にマッチングするサービスです。 まさにUber eatsの車版ですが、そういう国では経費も抑えられるでしょうが、運転手や車の質はどうなりますか? その辺のおっちゃんが自分の車で送るんだから、運転が下手とか雑とか当たり前、車も多少のポンコツっぷりはご愛嬌。 法整備された日本でもボロい車や下手な運転手はいます、じゃあ海外は…

0

韓国は人件費が安い。運転士はまともに生活できません。そして、公費で補助金が出ているらしい。