ID非公開

2021/9/8 1:23

55回答

エーチームグループについていくつか質問があります!ご存知の方いらっしゃいましたら一つでも大丈夫なので答えていただけたら嬉しいです♪

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ID非公開

2021/9/8 9:44

その他の回答(4件)

0

・たまにしか所属のオーディションか開催されないので 倍率が高いですよね。 すなわちオーディション通過するのは難しいですよ! ・書類よりもウエブ審査が難しいという人もいれば、 書類で何度も落ちて、ウエブはスムーズだった方、それぞれいらっしゃいます。 ・合格後は、仕事ですよ!! キャスティングオーディションや案件オーディション、顔見せや打ち合わせ、撮影や、現場の仕事がどんどん入ってきますよ。 ・プランです。 ・個人的意見ですが、モデルと俳優じゃないですか? あとは、Youtuberもよさそうですよね。

0

1 「オーディションの一次審査(書類審査)には誰でも受かる」と言う人は、恐らく養成所のことを言っているのだと憶測します。そしてそう憶測した上で、この項目では複数の芸能事務所が注目するオーディションを例にして、一次審査は決して誰でも受かるわけではないという現実を知ってもらいたいと思います。 基本的に、芸能事務所は随時行っているオーディションに関して、毎回合格した人数を公表するようなことはしません。ただ、大規模な企画オーディションに関しては、ある程度の応募者総数や合格者数が分かります。では、当記事では2019年に開催された『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』を例に解説したいと思います。 2019年に第32回目が開催された上記のオーディションの応募総数は17,165通でしたが、この中から二次審査を突破したのは、わずか105人でした。残念ながら一次審査の突破人数は公表されていませんが、憶測として、仮に850人~1,700人が合格していたとしても、やはり10~20分の1くらいしか一次審査は突破できないということが言えます。※一次審査突破人数の数字は、あくまで憶測なので信憑性は全くありません。 つまり一次審査では、少なくとも15,000人以上が落選しているということ。こういった大規模な企画オーディションでは、グランプリ以外にも様々な賞がありますし、稀にファイナリストに選ばれた人が、後に芸能事務所からスカウトされるケースもあります。ただ、基本的に確実なデビューが約束されているのは、グランプリ獲得者を含めて2~3人前後くらいでしょう。 この結果を見ても一次審査は誰でも受かると言えますか? …いえ、少し嫌味ったらしい見出しでしたね。つまり、何回も説明しているように、養成所が行っているオーディションも、『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』のような企画オーディションも、決して一次審査は誰でも受かるわけではないということをお伝えしたいのです。 もちろん芸能事務所が随時行うオーディションと企画オーディションは別物になりますから、今回の説明に納得がいかない人もいるかもしれません。ただ、どちらかといえば、必ずグランプリ(合格者)が決まることが約束される企画オーディションの方が、ある意味では良心的ですよね。何故なら、結果を出せば、ほぼ必ずどこかしらの大手芸能事務所からスカウトされるわけですから。 もちろんスカウト先の芸能事務所は、全てに当てはまるわけではないにしても、所属後のレッスン費や入会費は無料である場合がほとんどです。さて、ここで質問ですが、「養成所って人を入れることでお金儲けしているだけじゃん(笑)」という人は、17,165人が全国から集まるようなオーディションしか受けないということでしょうか? 比べることはできませんが、芸能事務所に所属するためのオーディションに合格できるのは、『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』でグランプリを獲得するくらい難しいのです。そういう意味では、必ずグランプリが選ばれるオーディションに応募する方がまだ可能性はありますよね? 養成所や芸能事務所に所属しても、勝手に仕事がやってくるわけではありません。所属後も自主的にどんどんオーディションを受けていかなければいかず、余程売れている芸能人にでもならない限り、ドラマや映画出演のオファーが企業側から届くことはありません。つまり、何の実績も無い人に仕事はやってきません。 話を戻して結論になりますが、案件オーディションの一次審査には誰でも受かることはありません。ただ、恐らく大半の方が今回疑問に感じているのは、案件オーディションのことではなく、養成所または芸能事務所に入るためのオーディションに関してだと思うので、案件オーディションの件についてはここで終了します。 芸能事務所の話と養成所の話をごちゃ混ぜにしないこと ここまで説明してきた通りですが、改めて確認しておきましょう。オーディションの一次審査の合格率に対して勘違いされている人は、取り合えず芸能事務所と養成所では受けるオーディションの難易度が全くの別物であると考えておきましょう。 ネットやSNSで「オーディションの一次審査なんて誰でも受かるよ」と言われているのは、大体が養成所のオーディションのことなのでしょうが、決して誰でも受かるわけではありません!!ただし、芸能事務所のオーディションに比べると、圧倒的に受かりやすいことは事実です。 「オーディションに合格したけどお金が掛かるから辞退した=だからその事務所は詐欺なんだろう」といった誤った認識もしないようにしましょう。もちろん中には高額なお金を騙し取る悪質な組織も存在していますが、事前にきちんとその事務所について調べていれば、騙される可能性もグッと減るはずです。 また、オーディションの場で審査員から養成所を勧められた場合、すぐにお金目的だと受け取るのではなく、そもそも芸能界で通用するほどの能力や魅力が、現段階では自分には無かったという現実を認めましょう。審査員が悪いのではなく、芸能界で必要とされる能力が無いあなたが悪いのです。良し悪しの問題ではありませんが、自分の力不足を相手のせいにするほど滑稽(こっけい)なことはありません。 一次審査に合格された方は自信を持ちましょう 中には「○○オーディションって一次審査に誰でも受かるよね(笑)」という声をネットやSNSで見かけてショックを受ける人もいます。ですが、ショックを受ける必要は全くありませんし、オーディションに合格したことは素直に喜ぶべきです! 何故オーディションに合格してショックを受けなければいけないのでしょうか? 余計なことを言う人がいますが、勝手に言わせておけば良いんです。ただ自己顕示欲が高くて、皆から認めてほしかったり、褒めてもらいたいだけですから。あなたもあなたで、いちいちそんなことを気にしたり、余計な噂や他人の自慢話を見て落ち込む暇があるなら、二次審査に合格するために努力すれば良いじゃないですか。あなたのライバルはすでに二次審査に向けて努力していますよ?結局のところ、「一次審査は誰でも受かる」と噂されるようなオーディションだろうが、芸能事務所のオーディションだろうが、”デビューできる人はできる”のです。身も蓋も無いかもしれませんが、自分を信じて突き進み、1つのことに集中して努力し続けた人を、見ている人はちゃんと見ています。 今の時代、アパレルのバイトをしていて話題を集める方もいれば、『Instagram』や『Twitter』で話題になる方もいますし、『TikTok』や『SHOWROOM』で話題になった方もいます。つまり、どこからでも芸能界に進出できるチャンス自体は転がっているのです。ただ、上記のようなケースで芸能界デビューしても、一時的には注目されるかもしれませんが、ブームが去れば終わります。 なので、特にこれと言って特出したスキルや経験が無い人で、かつ芸能界デビューを目指している人は、養成所に通って芸能界に関する知識や演技力などを学び、コツコツと色々な経験を積んだ方が有利になります。いくらSNSなどがきっかけで話題になっても、結局素人であることには違いないので、その後もテレビに出演し続けるのは難しいのです。 それに比べて、養成所に通っていた人は基盤ができているので、例えばトーク力が無くても、演技力があればドラマや映画に出演するチャンスは生まれます。養成所は、俳優なら俳優、タレントならタレントと、あなたが目指すジャンルに必要な能力を徹底的に学べます。・・・が、実はあなたが自分で気付けなかった隠れた才能を、プロの講師が見つけてくれるケースもあるのです。 ”オーディションの一次審査は誰でも受かる説”は嘘です 最後になりますが、”オーディションの一次審査は誰でも受かる説”は嘘だと思ってください。それが例え養成所のオーディションであってもです。そんな噂を流すのは、自分がオーディションの一次審査に合格したことを周囲に知らせたい自己顕示欲の高い人なので、”他人は他人、自分は自分”だと割り切って気にしないようにしましょう。 大切なのは”主体性”を持つことです。つまり、何事も自分の意思に従って行動すること。他人の意見や噂に耳を傾けて影響を受けてしまう前に、自分がやりたいと思ったことは、信じてそのまま貫き通してください。あなたがこれから受けようと思っているオーディションがあったり、実際に今受けている最中のオーディションがあるなら、なりふり構わず全力で合格を目指して行動してください。 …というわけで、今回はオーディションの一次審査には誰でも受かるのかというテーマについて紹介しました。どう思おうとあなたの勝手ですが、ネット掲示板にある匿名の噂を信じたり、SNSに投稿された噂ばかり気にして行動できようであれば、結局何をしても中途半端で終わることでしょう。自分が一度やると強く決めたのなら、もう自分だけを信じて突き進んでくださいね♪ ちなみに、エーチームグループは、養成所の事務所ではなく れっきとした「芸能プロダクション」です。 吉岡里穂さん、松本まりかさんが所属しています。 2 受かったら所属っしょ。所属オーディションなので。 3 プランやコースですね 相談して決めたり、これがいい!と主張したら通る場合もあります。 4 女優、俳優、アイドル、モデル、タレント、声優、アナウンサー、お笑い、 の順番ですかねー☆

0

①書類もウェブ審査(1次審査)も受かりにくいですよ! もし通過してるのならすごい事です!! どこの事務所もオーディション関係のことはデマが横行しているので 惑わされないようにお気をつけくださいね!! ②合格後は実技審査、家族対面、公開オーディション、最終審査、結果発表です!! ③そうです! プラン選択には申し込み用紙、未成年の方は同意書。 学生証、身分証明、パスポートがある方はそれだけでも大丈夫です。 ④これは難しい質問ですね!自分のやりたい事でいいと思います 俳優だと吉岡里穂さんやダイゴコタロウさん、岩城滉一さん松本まりかさん、アーテイストだと、DAIGOさんやIVVY,PIMMSさんNOBU、タレントだと芹那さんやmireiさん、モデルだと鈴木あやさんなど、 どのジャンルでもご活躍されてますよね!! ここの事務所はどのジャンルも強いと思います!

0

①公式発表では、できる限り直接会えるように企業努力してるようですが人気事務所で応募数が相当なものなのでやはり難しいようです。時期によっても通過率は変わると思いますが受かりやすいオーディションではありません。。 ②合格後、専属契約のお話、双方問題なければ契約、宣材写真撮影、プロフィール作成>事務所のスタッフにあらためて挨拶や面談など>オーディションをひたすら受けたり、先方と面談など>仕事とれたらそれをこなす ③エーチームグループは入会金がかからない事務所です。 ④今の時代はモデルだけでやってる方はごく僅かですよね。どうしてもモデルのみやりたいわけじゃなさったら俳優、もしくは俳優・モデルがおすすめです。