ID非公開

2021/9/8 21:00

33回答

プリンターについて

補足

Canon PIXUS TS5330 のカラーについて 白が2トンカラーなのが気になります。 真っ白がよかったんですが、質感的にいかがですか? 写真では黒の方が良さそうに見えるんですが。。。

プリンター82閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

商品の説明の前に・・・・ 恐ろしい勘違いをされている人がいますので、訂正しておきます。 「※ipmは(Inch per Minute) 1分間に何インチ印刷できるかという単位。 A4用紙の長さは297mm(11.69インチ)だから、カラー印刷だとA4用紙1ページ約3分、モノクロは1分半といったところ。 何故誰も知らない「ipm」という単位を使ったのかは、印刷があまりにも遅いプリンタだからメーカーとしても恥ずかしくて時間では書けなかった‥ということだと思われる。」 「ipm」といのは、「image per minute」の略で、1分間あたりに出力できる枚数と考えていいです。(片面印刷の場合) 厳密には「面数」なんですが、両面印刷機能のあるプリンタも増えたので「枚/分」が使いにくくなったのでしょう。 ISO で決まっている事です。 https://faq.canon.jp/app/answers/detail/a_id/54472/~/%E3%80%90%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%80%91pixus-mx350%E3%81%AE%E5%8D%B0%E5%88%B7%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E5%8D%B0%E5%88%B7%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%88 で、TS3330 とTS5330 は価格も機能もかなりの差はあるんですけど、使い勝手がどこまで差があるのかは疑問。 TS5330 が TS3330 に対して機能的に優れているのは、正面カセットがある、自動両面印刷ができる、スキャナの性能が良い、印刷速度が1.5~2倍弱程度早い、この程度でしょう。 https://cweb.canon.jp/cgi-bin/pixus/comparison/spec.cgi?p1=ts5330&p2=ts3330&p3=ts6330 ついでに、さらに上位機種のTS6330も載せておきましたけど、TS5330と機能的な差は少ないはずです。 ただ、TS5330 と TS3330 は黒とカラーの2カートリッジで、インクカートリッジにプリントヘッドが組み込まれているので、インクが割高です。 TS6330 は 独立インクタンクの5色で、写真はよりきれいになってくるはず。 独立インクタンク式の良いところは、無くなった色だけを交換できること。 TS5330 と TS3330 のカラーインクは、3色一体型なので、どれか一色がなくなってもインクを交換しなければなりません。 さらにプリントヘッドも組み込まれているので、かなり割高になります。 その代わり、インクを交換すると、いつでも新品の当時の画質が復活します。 あくまでもあなたの使い方になるのですけど、「正面カセット」、「自動両面印刷」、「スキャナの性能」がどこまで意味を持つかでしょう。 正直なところ、ランニングコストは安い機種じゃないですし、どちらを選ぶかと言われれば、本体価格が安いほうを取ってしまうと思います。 「印刷速度」に関しては、プリンタ自体の速度は違いますけど、印刷するデータによっては時間差がほとんど出ない可能性もあります。 速いとは思いますけど、実際いそれは並べないとわからない話だと思いますし、上位機種はさらに早いですからね。 参考程度にした方がいいんじゃないかな?

0

キヤノン:インクジェットプリンター PIXUS TS3330|仕様 https://cweb.canon.jp/pixus/lineup/allinone/ts3330/spec.html 印刷スピード L判フチなし写真(カラー) (1枚の印刷時間) キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド 約52秒 A4普通紙 カラー 約4.0ipm モノクロ 約7.7ipm ※ipmは(Inch per Minute) 1分間に何インチ印刷できるかという単位。 A4用紙の長さは297mm(11.69インチ)だから、カラー印刷だとA4用紙1ページ約3分、モノクロは1分半といったところ。 何故誰も知らない「ipm」という単位を使ったのかは、印刷があまりにも遅いプリンタだからメーカーとしても恥ずかしくて時間では書けなかった‥ということだと思われる。