紅茶専門店ってなぜ少ないんでしょうか? 喫茶店・カフェなども紅茶よりはコーヒーのが主だと思いますし、街を歩いていてもコーヒー豆を販売するお店は割と見かけるのに紅茶はほぼ見かけません。

カフェ、喫茶 | 飲食店101閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ご回答ありがとうございます。 朝はコーヒー!仕事のブレイクにもコーヒー!みたいなイメージが紅茶にはないのがネックなのでしょうか。こういうときに飲みたいというイメージないというか…。

その他の回答(4件)

0

単純に需要がない為だと思います。 紅茶って売れないですよね。 コーヒーは好き嫌いがはっきり別れるけど 飲む人は毎日飲む。 それです。 紅茶を飲めない、嫌いだと言う人って少ないけど 中毒になる人も少なくて毎朝紅茶って人も少ないんです。

0

コーヒーは香りにパンチがあるし、中毒性もありますから。

ご回答ありがとうございます。 たしかにインパクトみたいなものはコーヒーに比べたら劣るかもしれないですね。ビジネスのおともにするには茶葉の存在も面倒くさそうですし…。

0

それについて面白い論文がありますよ http://pweb.sophia.ac.jp/amikura/thesis/2018/koyano.pdf これによると「紅茶は売り手の売りたい意欲、買い手の買いたい意欲を高めるメカニズムが弱いため、市場規模が拡大しない」だそうです

ご回答ありがとうございます。 論文、ご紹介いただきありがとうございます!ビジネスとして紅茶はいまいち需給バランスが整わないのですね。文中にティーバックの紅茶は安っぽい(意訳)みたいな記述がありましたが、たしかにス〇バにしろドト〇ルにしろティーバックで出てくるのが個人的にモヤモヤしていたポイントでもあります。

1

海外で紅茶専門店に入りましたが、メニューを見たら茶葉が100種類くらいありました。 種類が多いからではないでしょうか?

1人がナイス!しています

ご回答ありがとうございます。たしかに、茶葉の種類も多いし私含めた紅茶好きな方ってそれぞれにこだわりがある気がします(簡単なものだと「ミルクティーならこれ!」みたいな)。 コーヒーもこだわる人はとことんこだわりそうですが、ラテに合わせるならこれ!みたいなのってあんまり聞かないですね。