回答受付が終了しました

母親が知り合いから家を売ってもらえるという話があるのですが、銀行に借り入れの相談したら年齢と建物の年数などみて断られました。母親は60才、建物は築30年ほどです。

補足

ご丁寧にお答えして頂きありがとうございます。自分(息子30代)がローンを組んで購入したいと思います。相談ごとは不動産屋でしょうか?銀行がよろしいでしょうか?

回答(5件)

0

その取引、本当に大丈夫ですか? 住宅ローン融資を受けるなら仲介不動産屋に依頼するしかありません。 それがダメならあなたが親にお金を貸せばいいです。 取引の妥当性や安全性の為にも最低でも司法書士を入れた方がいいです。 他人の物を勝手に売る人、2重に売る人などいくらでもいます。

0

母親の年収が低いからかもしれません。 築30年ですと建物の担保評価は0円です。(木造の耐用年数は22年です) 質問者様が変わりに購入する事は出来ないのでしょうか? 担保が足りない場合、超過保証料(担保で賄えない借入金額を追加保証料でまかなう)を支払い賄う事は可能です。

1

あなたが、購入するか、購入をあきらめるかのどちらかでしょう。 銀行の判断は、正しいです。

1人がナイス!しています

2

銀行から借入出来ないと言うことは、借入してまで買うべきでは無いということです。 何故買った方が良いと考えられているのでしょうか。

2人がナイス!しています

0

買う人を母親じゃなく子供名義で購入する。ローンを払うのは子供。 とすれば購入出来ると思いますが、母親は頭金がない60歳で支払う気はあるんですかね?

築30年の物件を売ってもらえる。という解釈なのか、買ってあげるなのか…。 築30年となると結構ボロが出始めているような時期かと思います。スケルトンにして改築したりしないことには自分の代は安泰にならないでしょうし…もったいないようにしか思えないです。 不動産屋にやらせないことには話が進まないと思います。