仏教において、浮気はどのようなものだと教えられていますか?

宗教126閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

納得しました。 ご丁寧な説明をありがとうございました。

お礼日時:9/17 21:12

その他の回答(9件)

0

男女の仲はまさに諸行無常、永遠の愛などあり得ません。凡夫の煩悩の赴くまま、浮気や不倫の尽きることなど永遠にないでしょう。

0

世は、人の世です。 お釈迦様は、「世は、苦しみ」だと申しておりました。 浮気をしてはいけないの問題ではなく、人間ですから欲望があるのは仕方ないことです。 しかも、男女の好いた晴れたの問題は源氏物語にも驚くような事が書かれてあります。 こればかりは浮気の相手と出逢わなければそのようなことにならなかった。 出逢いというのも良き事ばかりではなく、そこに欲望があれば苦しみにもなります。 「あの時、あの場所で出逢わなければ…」などと後悔先に立たずということになります。 世は、苦しみならば…浮気というものは 自分自身も苦しみますし相手にも苦しみを与えます。 しかも、浮気をしている本人ではなくされてしまったほうの方に対して「あの女がいなくなってくれたらいいのに」 「自分のものにしたい」というような執着心から芽生える恨みなどがより一層悩みとなり益々苦しむことになります。 浮気心から本気になってしまえば誰かを泣かすことにもなります。 男女の恋愛だからという軽い気持ちでいる人は他人を苦しませていることに気づかなければなりません。 自身の浮ついた欲望が他人をも苦しませる、 それが自分の苦しみにもなる。 全て、人間が欲望で何かをした時 それが苦しみを生むことになるのです。 しかし、その苦しみにより人は悩み、解決をし心の成長をするのです。 世に起こる全ての問題は実は人として 大切なことなのです。 結局は… 浮気で自分自身も苦しみ、相手をも苦しませる、家族がいればその家族をも苦しむのですから お釈迦様の仰る通り、世は、苦しみということです。 因みに…キリスト教の場合は 聖書に沿うので罪が罰になり 神の教えに背いたという厳しさがありますね。

0

不邪淫戒です。 戒律を犯すと地獄に落ちると考えられています。