一般道のバスより高速バスの方が距離に対する運賃が安いのはなぜですか?

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさん、ありがとうございました。

お礼日時:9/17 21:01

その他の回答(5件)

2

高速バスのほうが時間あたりの移動距離が長くなり人件費は距離ではなく時間によって計算されるからです 同じ一時間勤務すると一般道を走る路線バスでは20kmから30kmしか進めないと言われています それに対して高速バスでは高速道路に乗ってしまえば1時間で60kmくらい進むのが普通です つまり距離あたりの人件費が半分から3分の1しかかからないのです 燃料費や高速道路の通行料金を加えても運転手さんの人件費には遠く及びません

2人がナイス!しています

2

一般道のバスは高齢者がシルバーパスを使い無料で乗る。 その分をシルバーパスを利用しない他の乗客から儲けないといけないから、一般乗客の運賃は高くなる。

2人がナイス!しています

1

高速バスの方が、一般道経由のバスより1乗務辺りの往復できる回数が多い分、運賃を多く稼げるから。

1人がナイス!しています

1

いまでこそ長距離の運賃は届出制になってますが、元々は遠距離逓減の原則が働き、だいたい20キロ以上の距離単価(賃率と言います。)は短距離より7割程度に抑えられています。 また、2キロまでの賃率は2倍になり、さらに初乗りという考え方から、1キロくらいでも200円程度になっています。 都市部の路線バスだと、1キロあたりの収入が300~500円、高速バスだと200~300円代というところでしょうか。

1人がナイス!しています

3

●鉄道等に対する競争力を持たせるため。 ●距離あたりのコストが 一般的に高速バスのほうが安いため。

3人がナイス!しています