ID非公開

2021/9/11 13:42

44回答

障害者をケガさせても賠償しないで済む法制度について質問します。

交通事故156閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

そう思います。 この制度があるために泣寝入りさせられる被害者がいるのです。

お礼日時:9/18 16:46

その他の回答(3件)

2

健常者であっても腰痛などは因果関係を認められづらい代表だし、睡眠導入剤が処方されているものが精神的苦痛により睡眠障害になったと言っても認められない。 依って障害者だけの話ではないため差別に該当しない。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/9/11 17:48

事故のケガは医師の診断書もあるし後遺症がこのケガが原因なのもはっきりしてるのに賠償されないんです。新たな障害に苦しいのに...。ご返答ありがとうございました

1

損害賠償の原則は実質損害を金銭で評価し請求します。 従って、後遺症が残ったとして、從來の障害より軽くまた、従来の障害の治療と一緒に行うのであれば、実質の損害は無いと考えですのでそうなります。 なので差別にはなりません。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/9/11 17:42

実質の損害はあるけど仕方ないんですね。ご返答ありがとうございます。

1

ある行いが、それまで持っていた障害をかるくしたのなら、それは治療です

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/9/11 13:53

軽くしてません。重くなった実態は判定に関係ないそうです。