回答受付が終了しました

9月末に上高地に行きます。 涸沢カールに行きたかったのですが 涸沢小屋、ロッジ、ともに空きが ありませんでした。 1泊目 河童橋あたりのホテル 2泊目 横尾山荘 3泊目 徳沢ロッジ

補足

わかりずらかったので追記です。 横尾山荘8時出発→涸沢カール→ 徳沢ロッジ17時頃までに到着 という意味です。

登山 | 観光地、行楽地404閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

回答(10件)

0

そもそも、 涸沢カールは 初心者向コースです。 ソコソコ体力有れば誰でも行けます。 心配なら早く出ましょう 基本中の基本です。 朝食はお弁当に変更です。

0

少々ずれた回答になりすみません。 もう今年は無理ですが、体力はある方だとのことなのでテント泊に挑戦!というのもいいと思いますよ。 時間も気にしなくていいし、宿泊費もかからない(テント代は小屋に払わなければならないことが多いですが)、狭くて不便だけど自由で勝手気ままな空間です。 それに山小屋での新型コロナの感染もありましたので、テント泊ならそんなリスクも大きく下げられます。 まずは装備を揃えて、近場の軽い山でテント泊の経験を積んでください。 情報はネット上にも山ほどあります。 秋の涸沢でしたら冬の気温になることもありますので、低山の冬キャンプも経験されるといいと思います。 そして何度かテント泊していると、どうしたら効率よくテント生活ができるか、何が必要で何がいらないか、どうしたら荷物を減らせるか、などがわかってくると思います。 テント生活はメンバーが色々と協力し合わなければならないことも多いので、親子の絆もより深まると思いますよ。 ちなみに私は35年テント泊です。 山小屋に泊まったことは一度もありません。

0

余裕のあるスケジュールだと思います。 他人事で言うならば、もっとこうすればの箇所もありますが、人の意見より自分で考えたペース配分で実行しましょう。 責任はすべて自分ですからね。 さて、横尾で9月の下旬ともなれば早朝の気温は大体2~3度です。 下界はまだまだ残暑が厳しいため急激な気温差は体温調整が追いつかずビックリされると思います。 真冬なみの装備を忘れずに。 ダウン、フリースなどの準備を!

0

時間、体力的にも余裕かと思います 以前小学生の子供連れて横尾から涸沢の上の 奥穂高まで日帰りピストンしました。 普通に運動してる方なら慎重に歩けば問題ないです。 山に慣れてないなら下り疲れが溜まったころが危ないので気をつけてください。 涸沢ならお風呂のついてる横尾や徳沢から 日帰りのがいいです。 ではお気をつけて

横尾→涸沢 3時間 11時 涸沢休憩 1時間 12時 涸沢→横尾 2時間 14時 横尾休憩 30分 14時30分 横尾→徳沢 16時 涸沢までの登り4時間かかるとして17時 です。 登山は余裕があった方がよいので 私なら遅くても7時前には出発します

0

1日目に上高地到着が夕方なら河童橋周辺のホテル宿泊。 若し午前中到着なら横尾山荘に泊まりにしましょう。 横尾山荘 上高地からアップダウンの少ない山道で約3時間で到着します。 15:00には到着しましょう。 横尾大橋の左奥にクライミングで有名な屏風岩が見えます。 横尾山荘のお風呂場は、山小屋とは思えないお風呂です。 しかし山小屋のお約束で石鹸・シャンプーは使えません。 https://www.yokoo-sanso.co.jp/ 2日目:横尾山荘(07:00)→本谷橋(08:30)[休憩30分]→涸沢(11:40)[40分]→本谷橋(14:00)→横尾(15:00)→ 横尾(15:10)→徳沢(16:10)→徳沢ロッジ宿泊 涸沢で余裕を取るなら、06:00朝食 06:30出発にして下さい 本谷橋からの登りは、「新人殺しの坂」と呼ばれています。 けっこう手強いですよ。 尚徳沢ロッジも山小屋ですので、16:30迄にはチェックインする事を連絡しておいて下さい。 今年は紅葉が早い様ですよ。 こんな涸沢の紅葉が見られると良いのにね。 登山指導員より快晴を祈る。

画像