ID非公開

2021/9/12 21:19

33回答

母(76才)が6年前に乳ガンになり手術しましたが、今年の春骨転移していることが分かりました。

病気、症状147閲覧

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/9/12 22:00

早速のご返信ありがとうございます。 母の場合、週一回を二週やり一週休むというような事を言ってました。 薬名は聞いていませんが、二種類の抗がん剤を投与するらしいです。 ご回答者様の胸中を考えましたら頑張って下さいなどと軽々しく言えませんがご幸運を心より祈ってます。 ありがとうございました。

その他の回答(2件)

0

抗がん剤の副作用に味覚障害、倦怠感、吐き気があり 倦怠感は慢性的なので疲労感は常にあると思われます 併用利用が主なので2種類を使用します がん種で保険適用抗がん剤が決まっているので どれでも使える分けではありません 新薬は薬価代が未調整なので高額です 使用患者数などによって調整を政府がします 保険適用抗がん剤は下記HPでまとめられています 今日の抗がん剤 ttp://gantaisaku.net/?page_id=10467

ID非公開

質問者2021/9/14 19:05

ご返信ありがとうございます。 抗がん剤の経験のない私に取ってその辛さは計り知れないと思います。 参考になります。 ありがとうございました。

1

基本的にあの手のKNがどうのこうのとか自己免疫活性云々という免疫療法は全部インチキです。仮にも医師免許を持っている輩があんな商売をするとは自分はちょっと信じられません。 免疫療法系で科学的根拠があって唯一今後希望がありそうなのは、肺がんなどで使われている免疫チェックポイント阻害剤ですが、乳がんではまだ効果があるかどうかわからない状態で標準治療にはなっていません。トリプルネガティブ型に対して治験などは行われていたと思いますが。 今後は別の薬で腫瘍が縮小するのを祈るしかないと思います。

1人がナイス!しています

補足ですが先進医療というのは進んだ素晴らしい治療ではなく、まだ効くかどうか定かではない実験です。実験の中でも実用できそうなものもあれば、詐欺まがいのものもあります。免疫云々は残念ながらほぼ全てインチキです。 素晴らしい効果のある治療はすべて標準治療に組み込まれるので保険診療で受けられるようになります。