ばんかんで無地小紋を購入しようかと検討中なのですが着物初心者のため質問させてください。

補足

早々にたくさんの回答ありがとうございました!勉強になりました。 無地小紋は買うなら美術館とアフタヌーンティーにオシャレ着として着ていこうと思います。 でもそれなら紋なしの色無地を購入してオシャレ着としても七五三入卒式でもと思ったのですが、一般的にはそれは微妙なようですね。 ただ七五三入卒式にかしこまった格好をするつもりはなく、スマートカジュアルを想定しています。バッチリとキメたほうが浮いてしまいそうです。 ネットで検索すると色無地は帯を変えたら着ていく幅が広がると書いてあるのに、なぜここではそうとはならないのか不思議でしたが謎がとけました。 色無地のコーディネートについて色々とみてみようと思います。

着物、和服1,070閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

無地小紋のコンセプトは私もそのように解釈しました。入卒式に紋はあった方が良いけどなくても問題はないと見ましたが、本来の色無地であればということですね。ですがお着物に達者であれば紋なしだとアレっと思う方が多そうですね。 無地小紋は素人目に色無地っぽく見えたのでいけるかなと思いましたが、そもそもカジュアルな地紋しかラインナップがないような気もしてきました。 試着してたときに2色から選んだのは話を早く進めるためで、地紋の種類はわかりませんが少なくとも他の色はもう少しありました(((^_^;) アフタヌーンティーと美術館にたくさん着るつもりで買うのは良さそうですね。でもそうなると色無地を最初から買ったほうが良いのかという気にもなってきます。 学校行事には袋帯とのことで参考にさせていただきますね。オシャレ着用の名古屋帯はたくさん欲しくなってしまいそうです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様に教えていただいたおかげで色無地の理解がようやく深まりました。 なかでも着物を楽しむ気持ちも教えていただいた、こちらの回答者様をベストアンサーとさせていただきます。 色無地の購入検討もしたいのですが、まずどんなコーディネートができるのかが気になるので、またこちらで相談させていただくかもしれません。

お礼日時:9/14 13:09

その他の回答(6件)

1

整理しましょう。 色無地小紋は着物の種類としては無いです。 色無地(色無地は全体に一色です)も地に織の模様(地紋)が有るのと無いのが有ります。 地紋が無い方が礼装向きです。 地紋が有って地紋が目立つようなら礼装感は下がります。 色無地でも家紋が無いと街着と同じです。 色無地に家紋が有ると礼装です。 色無地に家紋が有ると街着には邪魔です。 色無地で礼装なら帯や小物も礼装用の物です。 色無地で街着なら自由です。 色無地を一着で礼装から街着は上記の理由で難しいです。

1人がナイス!しています

礼装と街着よくわかりました。 紋のない色無地に袋帯をしても礼装にはならないということですよね。 そもそも七五三入卒式に礼装するつもりがないことに気がつきました。 華やかにしていったら引かれそうです。 言うなればスマートカジュアルを想定しています。 礼装、フォーマルという言葉ばかりが歩いていってしまったので、それでは紋なしの色無地は必死に否定されるわけですね。

0

たくさん着たら単なる普段着になります。 礼装とは分けましょう。たくさん着る普段着やら化繊やリサイクルの紋なし、礼装なら化繊でも紋をいれないと単なる街着です。 ばんかんは おすすめできませんが。。

1

色無地として「無地小紋」を捉えてらっしゃるのでひとまず安心しました。 ただ、色無地は紋が入ってこそ礼装となりますが、なければ普段着です。 あることとないことを同時に成立させるのは無理ですから、式典にも着たい、普段にも着たい、は無理です。 確かに、羽織で紋を隠せば着ることはできますが、普段使いしてしょぼくれたものを式典に着るとかなりみすぼらしいです。 地紋の選択可能かは店に訊いてください。 その前に、オンオフ、どちらで着るのか決めましょう(たくさん着たいなら紋なしで普段使いですね)

1人がナイス!しています

単色染めなのですっかり色無地と捉えていましたが、柄がはっきりしていてカジュアルな印象のものが多いようで、色無地とは言いきれないという感じのようですね。 公立校の入卒式であればキレイめな格好程度の方が多い印象でしたので紋なしの色無地も着ていけるかなと思いました。 礼装と普段着をはっきり分ける硬派な方もいれば、帯を変えて幅広く着られますという方もいるのだと色々なようですね。

0

着物でも、洋服でも、どんな用途にでも使える服というのはないです。買うなら、用途に合う着物のほうがいいです。 無地小紋は、それを販売している呉服屋の造語で、いわゆる着物の常識に照らし合わせると、ちぐはぐな名称です。カジュアルな用途で使われるのは構わないけれど、フォーマルな場面だと、場違いな雰囲気が出てしまいます。全くダメとも言いにくくはありますが…。 仕立て代込みで4万円は、安価なほうだと思いますから、入卒式用にするのはやめれば、悪くはないのかもしれません。でも、好きな色を選ばせてもらえないようなところで買わなくてもいいのでは?

美術館やアフタヌーンティーには良いと他の方にも言っていただいているので、買うとしたらこの用途でたくさん着ようと思います。 色選びについては、こちらから聞いてみても出してくれないようであれば購入は見送るつもりです。

1

お調べになったなら、「無地小紋」って、表現からして矛盾していることがお分かりになりませんか? 無地:一色染め 地模様があることがある 紋を入れれば略礼装 小紋:全体に同じ柄の繰り返し 江戸小紋以外は礼装にはならない 「地紋」というのは模様のことではありません。 生地そのものに織り柄が入っていることです。 お写真がないのでハッキリしたことは言えませんが、「無地小紋」は、「無地調のシンプルな感じのする小紋」という印象の物がほとんどです。 これは、フォーマルにはなりません。 柄が市松や縞などであれば、完全なカジュアル、 それ以外なら、ちょっとお洒落してお出かけ用と思う程度です。 帯合わせは、やりやすいように思います。 ただし、金銀がしっかり使われた礼装用の帯は向きません。 上質の半幅帯、季節柄の名古屋帯、少しだけ金銀が入った帯が似合います。 具体的な場所で言いますと、 七五三は、ご家庭次第でご自由です。 金糸銀糸が入った物が似合うかどうかは、その無地小紋次第、帯次第でしょう。 入卒式は、その地域柄、学校の感じによるでしょうが、一般的に無難とされるのは紋付き色無地か紋付きの江戸小紋三役クラス、やや派手目によって柔らかい感じの色合いで古典柄の付下げです。 華やかな人が多い学校であれば訪問着。 カジュアルな服装が多い学校であれば、七五三と同じ帯で大丈夫かもしれません。 ホテルでのティータイムとか、美術館めぐりには、お似合いだと思います。

1人がナイス!しています

上質半幅帯、季節柄名古屋帯、少しだけ金銀が入った帯が合いそうとのことで参考にさせていただきますね。 七五三は派手にするつもりはないのですが、金糸銀糸の帯を合わせるにはお店で見たものは合わなそうだったので他にもあるのかなと気になっています。 本来の色無地であれば金糸銀糸の袋帯を合わせて七五三は問題ないということですよね。 入卒式は地元の公立校なのであまり華やかに着飾る雰囲気ではないと思いますが様子を確認してみると良さそうですね。 七五三入卒式までまだ何年もあるので、それまではホテルのティータイムや美術館にたくさん着て、子供の小学校入学式の頃には紋付き色無地を仕立てようと思えるまでに着物をものにできたら良いなと思います。