水素で動く自動車がCO2排出0と言われてますが その水素を作るのに大量のCO2が出るとか、 何かほかの有害な物体(気体)が出てしまうとか あるのでしょうか?

ベストアンサー

0

その他の回答(9件)

0

出ますけど、化石燃料よりもエネルギー効率はいいです。今の火力発電は化学エネルギーを熱エネルギーを経由して電気エネルギーになりますが、水素エネルギーは熱エネルギーを省きますので。いま盛んなのは、石油から水素を作る動きです。あと、電池として揚力発電に変わるものとして水素は期待されています。

0

>大量のCO2が出るとか おっしゃるとおり。 原発や再生エネの発電量が増えれば水素を作るのにCO2排出は極限まで減らすことができますが、現状ではおっしゃるとおりで火力が主力ですね。特に原発をばんばん利用すれば利用価値はあります。将来的には再生エネということでは水力、風力が現実的で可能性があり、太陽光などは量的に全く足らない。 社会的にいうと、そうした原発中心のエネルギー需要や、ダム建設、メガウインドファームというけっして環境負荷や危険性が低くないものへのコンセンサスを作れるのかがネックでしょう。 >何かほかの有害な物体(気体)が出てしまうとか 出ません。 回答者のみなさん、こちらを答えてないのであえて回答をしました。 水素の酸化でできるのは水だけ。

0

現在の水素製造技術はCO2の発生を伴いますので、CO2を出さない水素製造法とセットで開発しなければなりません。

0

どして? 作り方によるけど、水素社会での水素は、出力が不安定な自然エネルギー発電の電気で、水を電気分解して作るのが基本構想ですよ。 パイプラインで送ったり、タンクやボンベで運ぶことによって、自然エネルギーと水素の生産地と電気の消費地の間をつなぐ構想です。運搬代がかかるけど。 だからといって、構想どおりに運ぶとは限らないけどねえ。 実際のところ、水素は石油や天然ガスになれなかった炭化水素化合物と一緒に含まれているので、石油や天然ガスを分離しても得ることができます。今、そうしてるから。石炭の改質でも作れたかなあ。 水素社会になったら、万事解決ってわけじゃないですよ。 多分、構想どおりの水素では、社会のエネルギー需要は賄えないので、小規模水力や小型風力など、バイオマス発電や太陽光発電など、省エネも含めたありとあらゆる工夫をして、やっとこ、生活していくレベルやと思います。 自動車に水素など、ボンベの交換が楽なだけで、エネルギー転換効率を考えれば損をしてるかもしれないです。充電網など、社会インフラ代は安いかもしれないけど、使う自動車の種類によるでしょうね。 内燃機関を含めて、数種類の自動車があってもええんじゃないの? 選択肢、選ぶ自由で、最適化。