ID非公開

2021/9/14 6:00

1111回答

ゼンザブロニカってどういう層に売れていたんですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(10件)

1

ハッセルが高価で買えなかったからです。 私はそれも、ECの中古で凌ぎました。 出来る写真は変わりません。描写が違うだけでした(´;ω;`) SQと40mmは全てに気に入っていました。 以来、ハッセルですが・・・ ブロニカのタムロン新型レンズは良い物が多いですが使っています 時すでに遅し、コンセプト中途半端でしたね。 そもそも、66って意味が・・・・仕事ではジャケットくらい?

1人がナイス!しています

1

>ゼンザブロニカってどういう層に売れていたんですか?< ブロニカライターで葉巻やパイプに火をつけていたお金持ち層。 RB や 67 の以前に、ニッコールの付いたフォーカルプレーシャッター 6x6 一眼レフとして君臨していた。 信頼性に不安が有るのでプロはあまり使わなかったような...写真館ではリトレックなどの方が使われていたような... >特に90年代以降、ブロニカの活躍というのを聞いたことが無いですね?< はい、だから潰れました...ライターも売れないし...

1人がナイス!しています

1

確かに「ハッセル」があほしいけど手が出せない・・ でも35㎜じゃ不満!! と負う意・・・ま~(風景写真の?)セミプロ御用達 と言ったところでしょうか・・・ 但しハッセルは基本レンズシャッターだけど、 ブロニカは「フォーカルプレーン式シャッターを採用・・ その為、レンズ交換は容易と言うメリットが有った!! PENTAX67は其処に目を付けたもので・・・ さすがに67サイズで「ペンタプリズム」は巨大(超重量級)すぎ!! 690も・・とにかく69ですから・・66位が丁度いい? そこでPENTAXは645と言う機種も・・・ 習ってブロニカも645を出した・・・ 間宮は・・・にガンレフとして定評が有ったけど・・・ あくまで二眼レフですから??? ゼンザブロニカ・・ 当初はニッコールレンズで坑補油でしたが・・・ ゼンザノンになってからは?? ところで・・・ ゼンザブロニカっていう名前は 創業者の名である吉野善三郎と、ブローニーフィルム使用のカメラ・・・ と言う事で「善三郎(ブロ)ニカ」・・・とされている

1人がナイス!しています