回答受付が終了しました

人間なんて自己中だと思いますが、自閉症の自己中とはどう違うのでしょうか?

発達障害127閲覧

2人が共感しています

回答(6件)

3

「健常者」の自己中は、自己中と知っててやってますが、自閉症スペクトラム障害当事者の自己中は、本人はそうとは知らないでやってます。

3人がナイス!しています

0

ややこしいけど、多数派は「他人は自己中」って感じるけど、自閉症だと逆で「自分は自己中」って感じるみたいです 上手く働けないのは自己中だからではなく、対象が逆だからなんじゃないですか

2

普通の自己中は他人の気持ちを感じ取り自己中ではないようにしようとする脳機能は正常だけれどその中で意図的に自分を優先すること、自閉症の方はそれを感じる脳のセンサー自体が機能不全で仮に自己中にしないようにしようとしても出来ず結果的に自己中にならざるを得ないという違いです、前者はコントロール可能で後者はコントロール困難または不能ということです。 また診断する時の客観的な定義の違いは、全般に他の自閉症の診断基準を満たすくらいなのか、ということと、社会的機能に著しく支障するかどうか、単なる自己中なだけでは診断基準には当て嵌まらないよう診断基準もつくられています。

2人がナイス!しています

3

人の助言を、素直に聞けるか、聞けないか、かな? 自閉症の人は、被害妄想が強いので(虐められすぎて) 助言を批判されてると思い込んで 喧嘩になる時があります

3人がナイス!しています

1

あなたが仰る通り、健常者にも自己中はいますが、健常者の場合は相手や状況を選んだ上で、どこまで自己中さを出せばよいか考えながらやってたりとか、自己中さを凌駕出来るくらい仕事が出来たり、相手や周りを思いやったり適切にフォローする事も出来たり、自己中さを周りから指摘された時も、自分のほうが間違ってた事に即座に気づいて謝罪や反省も出来るから、問題視されにくい事が多いです。 一方で、ASD当事者(グレーゾーン含む)の自己中は個人差はあるものの、考え方や感じ方にズレがある為にその場の状況や相手の立場、性格などに配慮出来ず、自分が言いたい事ややりたい事がある時は平気で言ったりやってしまう事と、それを指摘されたとしてもその場では、自分は間違った事をしてないのに怒られたと思い込みがちで反省や謝罪が出来ない為に、問題視されてしまう事が多いです。

1人がナイス!しています