ID非公開

2021/9/15 10:47

1111回答

ズームレンズがなかった時代の人たちは交換レンズを何本も持ち歩いたのですか。「この135mmは」「え、200?」みたいな感じで。

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

そういえば、槍の全景が入る所まで1時間半歩いた時がありました。 あれを超広角ズームでキュッと縮めて1発で撮ったら、感激もくそもない。35mmで撮るから自然の山が撮れる。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

>槍の全景が入る所まで1時間半歩いた これが決め手になりました。ありがとうございます。

お礼日時:9/19 21:01

その他の回答(10件)

1

持ち歩いていましたよ 35㎜と50㎜と105㎜みたいな感じでね 学校の遠足の付き添いの時はこれと 集合写真用の中判のカメラと三脚にグリップストロボも だから出来るだけレンズ交換せずに35㎜付けっぱなしで 動き回って撮るくせが身に付きました

1人がナイス!しています

0

わたしは3本まで、ですかね。 ウェストポーチに入れられて安全に交換できるのが3本だったので。 135, 50, 35 か 135, 85, 50 が多かったかな。

0

別に、望遠はきっちり画角を合わせるという事はやっていなかった、という事だと思いますが。半分諦めて

0

2002年D1X導入した時には、単焦点しか使い物にならなかったので 14/3.5.17/3.5.24/2.8.35/2.0.50/1.8.85/1.8.135/2.0.180/2.8EDor200/4.0の8本持って出かけていた事があります。 2004年に85.135.180の代わりに80-200/2.8EDに替え、 2006年にAPS-C専用の標準ズームを手に入れ、14ミリ以外のみそのまま。 風景写真的なロケはやっとズーム体制になりました。 2008年D3導入路から、ようやく広角ズームも入れて、17ミリから200ミリまで3本ズームになりました。 ちなみにフィルム時代にズームを使う事はほとんどありませんでした。