関ヶ原の戦いで東軍についた福島正則や黒田長政などなどの豊臣家恩顧の大名は、勝てば戦後徳川家康の天下がくる(イコール豊臣家の没落)と充分予測出来ていた、と思いますか?

日本史 | ドラマ182閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

関ケ原の戦いの時、秀頼がまだ7歳でした。薄々分かっていたと思います。 一大名として生き残ることを選ぶと思ったのではないでしょうか。織田家の一族と同じように。

1

「徳川の天下」までは予想していなかったのではないかな? 家康は秀吉の次席であり、秀吉亡きあとは豊臣政権のトップ。 つまり東軍が豊臣正規軍で、西軍は秀頼・淀殿を人質にとった反乱軍です。 通常の判断ならば正規軍に与するのが当然ですが、 反家康、反三成で立場を決めた大名も多かったでしょう。 基本は豊臣政権内での権力抗争ですから。

1人がナイス!しています

0

秀頼が家康に臣従すれば豊臣家は残ると思っていたでしょう。三成を襲撃して時点で天下の豊臣家を支える気はなくしていたはずです。加藤・福島らは秀吉恩顧ではあっても秀頼恩顧ではありません。ましてや三成なんぞに仕切られたくはないでしょう。自分たちも大大名として多数の家臣を抱えています。大名としての立場が一番大事になっていたはずです。

0

豊臣家の滅亡は、秀頼・淀殿の(愚かしい)主体的決断の結果なので、徳川の天下はともかく豊臣滅亡までは予測できなかったかも知れません

1

予測出来ていたと思いますが、 予測したくなかった。 つらい現実から つい 目をそむけてしまった。

1人がナイス!しています