回答受付が終了しました

ID非公開

2021/9/17 0:15

1111回答

中古のフィルムカメラの購入を検討しています。

回答(11件)

0

フラッシュ内蔵のカメラは、それを前提に使う様に作られているので、故障しているとそれなりに使い辛くなります。完動が一番ですよ。 故障原因は液漏れが第一で、そうなら他の部分にも影響が出ているはずなので、避けるのが吉だと思います。 次に多いのはフラッシュコンデンサのパンクですが、交換部品がなかなか手に入らないので、メーカー修理不可なら、やはり避けるべきでしょう。

0

>フラッシュが使えるかどうかで値段がかなり変わる 露出不足の写真を連発したくないのでしたら、フラッシュ内蔵のカメラを買われることをおすすめします。 私のように晴天から薄曇りまでの屋外昼間限定で鉄道写真をというようでしたらフラッシュは内蔵していなくても構いません。 室内の蛍光灯や電球下は本人は明るいと思っていてもフィルムにとってはとても暗い世界なので、フラッシュは必要です。 フラッシュ内蔵のカメラは1990年代以降のカメラで自動露出の働く機種でしょうから暗所でもそれなりに撮れると思います。ただし、自動化が進んだ分、専用電子パーツが多用されるようになったため、壊れてしまうと修理できない機種ばかりになってしまいました。 もっと時代を遡って1970・80年代のカメラでは、外付けフラッシュがダイレクトで付けれるホット・シューがほとんど装備されていると思いますが、その機種に合うフラッシュを見つけられるか否かにかかります。この時代のカメラは電子制御シャッター機ですと壊れたらほとんど修理して貰えないので機械式シャッター機を選びましょう。 もっと前の1960年代以前ですとフラッシュ用の電極を持たないフラッシュを載せるためだけのアクセサリー・シューを装備していればマシなほうで、アクセサリーシューでさえ別売りだったりしますし、フラッシュもカメラ本体との接続コードが付いているものが必要になります。カメラも露出計さえ内蔵されていないですし、こういうカメラを私は使いたいとは思いません。 私の持っている機種では1970年代のPENTAX SPⅡ、SP Fではホットシュー装備ですが、これ用のフラッシュを持っていません。 80年代のRICOH XR500、XR1000S、XR-8などはホットシュー装備でフラッシュもRICOHのものを持っていますけど、ほとんど使っていません。 90年代から2000年ちょっとまでのCanon EOS1000SとかMinolta α303siなどはフラッシュ内蔵です。

0

質問者さんがどんな写真を撮りたいか、それによって重要かどうかは変わります。 わたしはその場の光のまま撮りたいので、滅多にフラッシュを使いません。 そのかわり、光が足りない時はあきらめます。 暗い場合でもフイルムにとらえたいなら、フラッシュが必要になりますね。 ただし、見たようには写りません。 (正確には、見たように写すには高度な技術や自由になる照明が必要)

0

どんなカメラで、どんなフラッシュを言っているのか、どんな被写体をどんな環境でどんな風に撮りたいのかで、話は変わってきます。 フラッシュが重要かどうかで言うと、私には非常に重要ですね。 現在は一般的なネガカラーフィルムは1600等の超高感度は販売されていませんし、800も高額、普通には100~400って所ですから、夜間の室内等ではフラッシュがあった方が綺麗に写せます。動体なら特にですね。 一眼レフなら、外付けのフラッシュがあれば撮影手法がぐんと広がります(知識と技術と経験は必要ですけどね)。

0

フラッシュが使えないカメラは滅多にありません。このような別売のフラッシュをカメラに付けて使うのが一般的でした。内蔵かどうかでしょう。 https://panasonic.co.jp/ls/ppl/products/strobe/small_strobe/pe-28s.html フラッシュは初心者が室内で撮影するなら必要です。フィルムはデジタルと比べると感度が低いので室内や夜間の商店街など、今のデジタルならフラッシュがなくても撮れる場所で撮れません。 これは新品のフィルムカメラの説明だけど、フラッシュのありなしの比較や近すぎると写らないなど不便さが良く分かるので参考にしてください。 https://www.cameranonaniwa.co.jp/blogs/2220569663/ メルカリやヤフオクなどの個人売買は故障品をさも良品のように売り付ける詐欺師のような出品者がうようよしています。ヨドバシカメラで新品を買うほうが良いと思いますよ。 https://www.yodobashi.com/product/100000001005702975/