コナンドイル原作のシャーロックホームズの サスペンスで毒蛇を使って殺人が実行されたが スコットランドヤードは検死調査で死因が 特定できず変死あつかい、になった出来事が

補足

笛でコブラを操るインドの ヘビ使い芸人あたり、は、やろうと 思えば毒蛇による謀殺は可能なの でしょうか。

小説 | 海外ドラマ232閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1
画像

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:9/22 19:17

その他の回答(4件)

0

蛇使いのヘビは 自分が入ってる箱やカゴを叩かれたりするから出て来て 目の前にある笛の"形"と"動き"に反応して威嚇してるだけで 実は笛の音、音楽は一切関係ないんです 要は蛇使いは 音楽で操ってるように"みせかけてる"パフォーマンスなので 無理だと思います

2

最初に双子の姉を謀殺した、その際田舎警察は(ホームズの説明だと)あったはずの毒牙の痕跡を見落とした、小さいので。 フィクションとしてはこの説明で充分でしょう。ドイルが蛇の生態に無知であったのは事実ですが、今日それをあげつらって作品の価値をおとしめてもしょうがない。ここに書かれているのは、存在し得ない未知のヘビだな、ハハお笑いだ。これらは外部の指摘ではなく、シャーロキアンの見解です。 シャーロキアンとはドイルの過ちを絶対みとめようと云々・・・とした回答がありました。それは半世紀以上まえの海外の研究――に対するゆがんだ解釈です。 英米を中心に「ホームズは実在の人物、事件もノンフィクション」とする視点での研究が主流だったのは事実です。ただしこれらは、あくまで遊び、「趣味を同じくする者同士でつうじる愉しい研究」だったはずです。彼らは「心の底から本気で」まだらの紐はほんとうにあったと信じていたのだろうか、私はそうでないと思っています。外部の人にムキになってホームズやドイルの正当性を主張する――そんなシャーロキアンがいたとは聞いていません。いたという話は、それこそフィクションでしょう。

2人がナイス!しています

0

「州警察(ロンドン警視庁でなく)はゆっくりした捜査のあげくに、ロイロットは危険このうえない毒ヘビをペットにしてもて遊んでいるうちに、うっかり噛まれて死んだ、という結論を出した(河出文庫/小林司、東山あかね訳)」 とあるので、変死ではなく毒ヘビによる咬殺と結論が出ていたのではないでしょうか。 当時はインドや東方諸国からもたらされた動物や毒は英国の科学では解明が追いついてないものとして、未知の分野への早急な追及をあきらめ、未だ知られていない特殊な分野と言うことで片付けている感がドイルの他の怪奇小説(クルンバーの謎ほか)から伺えます。 ましてフィクションなので読者を恐怖の紐への正体へと一気に視覚的に結論へ導くため、ホームズのこじつけが大変な蓋然性を帯びて、まだらのバンドとはジプシーやスカーフの模様でなく、恐ろしい殺傷道具だったことは、通気孔を通れる細い体、やかんの蒸気のような音だけで信用できてしまう。私も信用したクチです。 この事件を州警察に知らせたのはホームズです。おそらく彼が金庫の中の危険な生き物を示し、警察が日頃の被害者の行状や庭に放し飼いにされている猛獣の評判を考慮し博士を殺したのが蛇と断定するのにさして疑いを入れる必要もなかったでしょう。ロイロット博士にその罪にふさわしい死がもたらされる事が肝心。ドイル自ら翻案した戯曲「まだらの紐」のラストのホームズのセリフがそう語ってます。 ヘビ使いのコブラは毒を抜いているのではないでしょうか。

自称シャーロキアンの切れっぱしです。横から失礼します。 依頼者の姉の死因は 蛇に咬まれたのではなく、マッチの光でまだら模様の蛇を見た恐怖による精神錯乱で外傷はないと思ってます。 沼毒蛇の毒が10秒で効き目を現すなら、この時姉がランプを持って自分でドアを開け、「ああこわい!ヘレン、紐よ!まだらの紐よ!」と叫んだ→しだいに衰弱し介抱むなしく意識を取り戻さず亡くなるまで時間がかかっているので不自然。 妹ヘレン・ストーナーの感じたとおり、神経に受けたショックが原因(警察は死因を特定できず)だと思います。蛇に関する争点はロイロット博士の頭に巻き付いていた紐が毒性の強い蛇であったことから発する。 蛇の種類や性質を追求するより、この小説のおもしろさは、まだら模様のある紐そっくりの蛇を使って殺人が仕組まれたことと、犯人が同じ蛇を使って恐ろしい第二の殺人を企んだことにあるのではないでしょうか。

1

犯人はこの蛇をミルクで餌付け、口笛で操っていました。しかし、これまでにミルクを餌とする蛇は発見されていませんし、音を聞き分ける蛇も発見されていません。また、紐を伝って上り下りできる蛇もいません。 また、ジュリアが死んだときは遺体に何の痕跡もなく、ロイロット博士は咬まれてから10秒以内に死んだとされていますが、このような症状を示す蛇も見つかっていません。 これらのことから考え、作品に登場したのは実在しない空想の蛇、もしくは一見蛇に見えるが蛇ではない別の怪生物と考えられています。そのため、検死でも死因がわからなかったと言う説が一般的です。 このように、シャーロキアンというのは絶対にドイルの間違いを認めようとはしない人種なのです (^^;)。

1人がナイス!しています