牛乳で種類別で加工乳と成文調整牛乳と書かれているものは何が違うんでしょうか?

料理、食材40閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました!

お礼日時:9/21 17:38

その他の回答(2件)

0

判りにくいですね。 まず、牛乳とその他がありまして、 成分調整牛乳は牛乳の一種です。 無調整牛乳と違って、ちょっとだけ成分をいじったものです。 原料は生乳だけで、他のものは入っていません。 加工乳はその他の方で、牛乳とは言えません。 原料は生乳だけでなく、他の乳製品と混ぜ物になります。 例えば、生クリームを混ぜて味を濃くしたりという事です。 とはいえ、何が良い悪い、偉い偉くないというわけではありません。 味も栄養成分も違いますし、目的や味で、好きな物を選べば良いと思います。

0

こちらのサイトがわかりやすいので貼っておきますね。 https://tg-uchi.jp/topics/4006 「加工乳 生乳にバターや脱脂粉乳など他の乳製品を加えて、成分を調整したもの。 乳成分を濃くした「濃厚タイプ」や、脂肪分を減らした「低脂肪タイプ」などがあります。」 「成分調整牛乳 水分・乳脂肪分・無脂乳固形分など、一部の成分を除去するなどして、成分を調整しています。 【成分規格】 無脂乳固形分:8.0%以上」