ID非公開

2021/9/19 8:29

33回答

公募制推薦の試験は形式上行っているだけですか?

大学受験 | 大学81閲覧

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/9/19 9:06

確かにそうですね。納得しました。 回答ありがとうございます。

その他の回答(2件)

0

逆に形式上行っていると思う根拠を言ってほしいです。 なぜそのような発想になるのか分かりません。 形式上って何ですか? 形式上やって大学に何のメリットがあるのか。 テストを課す時点で、一定の学力も同様に求められていることは考えないのですか? テストは大学独自のテストだったりするので、それなりに対策をしないと合格出来ないものです。 公募は特に、テストがあるところは一般受験並みの厳しさだと思うべきです。 :例えば大学側が面接や志望理由書に感心したとします。試験の点数が低く、合計の点数が合格点に届いていない場合でも合格させることはありますか? どうしてそんなに楽観的な考えになるのか不思議です。 テストを行うという事は、大側がテスト結果を重視しているのは間違いないです。 入学を許可したいと思う学力のある生徒をテストの結果で絞った上で、面接での態度や志望理由書を見て判断される可能性が高いです。 よって点数が低い時点で落とされる可能性濃厚です。

ID非公開

質問者2021/9/22 16:51

言い方が腹立たしいです。煽らなければいい回答なのにもったいないと思います。

0

大学によりけりですが、一般的には公募の場合は募集定員に対して受験者が定員以上になることが多いので、出願資料(調査書・自己PR)、面接、試験(論文)等で選考します。 試験は配点があるので、面接や志望理由書で満点の評価を受けても試験の点数が低ければ、総合点で他の受検者が負けることもあるので、合格させることは難しいです。

ID非公開

質問者2021/9/19 9:06

ありがとうございます。