昔のオーディオ専門誌や雑誌で、リスニングポイントでの音質を改善するには? と言う特集を覚えてられますのねー。 役にたちましたか? 例えば良いSPであれば、神経質に成らなくてもどんな位置に配置しようが

オーディオ151閲覧

ベストアンサー

0
画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

久しぶりに、ドッカンとしたオーディオの写真を投稿されて 有難いです。 以前3×6の1畳分のべニア板バッフル2台で、片ch38cm2発の JBLのウーハーを搭載されて、300B P-P真空管での3wayマルチchの 音を聴かせてもらった事がありますが、凄いの一言でしたねー。

お礼日時:9/25 21:37

その他の回答(8件)

0

6面体の部屋では、あちこちに定在波が発生します。 簡単に言うと、部屋を上からの平面図で見て、4隅から対角線に線引き すると、中心が分かりますね? この中心のエリアが定在波が顕著に表れるエリアです。 ここをリスニングポイントにしない事が大事です。

しかし、リビングで聴く限りでは絶対に6面体は有り得ないと 思いませんか? 壁には本棚やCDラック、窓にはカーテン、天井には照明器具 と言う事で、手を叩くとパーンと響くことなく全くデッドです。 そうなると、意外とどの位置で聴いても問題はありません。 3角形の頂点で聴く必要があるのか? コンサート会場の席は選べませんよねー。

0

私の経験では、どんなスピーカーでもリスニングポイントに対してスピーカーの位置は大きく影響します。 わずかに位置を変えただけでは違いが分かりませんが、明らかに左右のスピーカーの間隔を変えたり、スピーカーから頭までの距離を変えれば、聴き心地も変わります。 幅広いジャンルの曲を聴くときは、曲によって理想の位置が変わることもあるので、完全に理想通りにはならないと思います。 音量によっても変わると思います。 オーディオに興味を持ち始めた頃は、部屋の模様替えをしながらいろいろな位置で聴き心地を試して、少しでも良くなる位置を探しました。 自力で移動できない重いスピーカーに変えてからは、無難な位置に置いたらそのままになり、位置を買えて様子を見る楽しみはなくなりました。

2chステレオでは空間音を正しく再生でれば、どのポイントで 聴いても良い音が鳴ります。 それが出来ないシステムであれば、私は捨てた方がマシと 思っています。

0

音にこだわる程の 部屋に住んだことが無いのでそういう本は読みませんでした 確かに部屋の音場特性などを特集したオーディオ雑誌も有りましたが どこまで本当なのかなという疑問はありました 個人じゃできないし 一種の読み物ですよね 特性を知っても部屋を改造する訳にもいかないし、生活用品が有るので普通は動かせないですよね オーディオ第一って訳にもいかないですよ。

0

どんなものでもそうですが、全ての性能を完璧に満足するものというのは作りにくいものです。広範なリスニングポイントで同じように聞こえるための設計をすれば、他の何かが犠牲になります。 結局は、何を優先するかだけの話なので、広範な範囲で均一に聞こえることを優先する人にとってはそれが良いスピーカーになるという事でしょう。

0

音質が改善するかどうかは聴く部屋にもよります、リスニングポイントは場所で確かに変わります、ベストポジションを見つけることもオーディオの楽しみです。

画像