ある方のTwitterを遡っていたところ、下のような小説の文章を見かけました。 「━何か起きても、俺は最後までお前を見届けてやる。

小説36閲覧