FXってギャンブルって聞くのですが実際どうなのでしょうか?

外国為替、FX101閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(8件)

0

ID非公開

2021/9/20 7:31

「FXはギャンブルだ!」と言ってる人は FXできっと負けてる人です。 「株はギャンブルだ!」と言ってる人は 株できっと負けてる人です。 その人たちに共通してるのは 心理的な駆け引きがヘタクソだということです。 戦法も戦術も何もない。 オレオレ詐欺で相手の電話の声を 簡単に信じてしまう高齢の被害者と同じなのです。 純粋に正直すぎるのです。 参考記事がある。 ↓ 「FXって結局ギャンブルでしょ?」に、投資プロがなるほどアンサー 9/16(木) 8:01配信 幻冬舎ゴールドオンライン 「FXはギャンブルだ!」とは、よく耳にする話。しかしFXで痛い目にあったことのある人ほど、そのように主張する傾向にあります。 「FX=ギャンブル」と考える人が勝てない理由を考えていきましょう。株式会社ソーシャルインベストメントのFX講師・清水一喜氏が解説します。 ギャンブルについて、冷静に分析してみよう ギャンブルの定義としては、「金銭や品物を賭けて勝負を争う遊戯」と記されています。日本でいえば、競馬や競輪、競艇や宝くじなどが公式に認められているギャンブルとなります。海外ではカジノやブックメーカーなどもあり、ギャンブルが公式に認められているのが特徴的です。 ギャンブルの原則は「運否天賦によって勝敗が決する」。運の要素が強くなっています。競馬だと、勝利の期待値が低ければオッズが高くなって配当が高くなるように、勝敗の確率が配当率に関わってくるのがギャンブルの特徴ともいえます。 確率に偏りがある場合は配当にも同じように偏りを発生させるのがギャンブルのポイントです。カジノのルーレットや丁半博打など、確率に偏りがない場合は配当にも偏りを発生させてはいけません。これがギャンブルの定義となりますので、覚えておいてください。 FXとギャンブルの違いについて考察していこう ここから肝心の「FXはギャンブルなのか?」という部分について考察していきます。 ギャンブルの定義としては、上記でも紹介したように運否天賦によって結果が左右されるのが特徴となっています。一方FXは、運ではなく世界経済の状況や各国の指標の発表などによって、投資会社がどのように動くのかということを分析して結果が出てくる仕組みです。 これらのことから、FXはギャンブルではなく「投資」と定義付けするのが正しいのですが、日本ではまだまだFXをギャンブルだと捉えている人が非常に多くなっています。 理由としては、「負けた者がFXのことをギャンブルと呼んでいる」ことがポイントでしょう。FXは勝っている人よりも金額を問わずに負けている人のほうが多いのです。そのため、FXのことについて尋ねると「FXはギャンブルだ」という人が圧倒的に多く、FXをギャンブルだと認識してしまう人が増えているのだと考察できます。 簡単に言えばFXで負けて退場した人は「FXはギャンブルだ」と言い、FXで安定した収入を得ている人の場合は「FXは投資だ」と発言しているということです。 FXとギャンブルが似ている部分があるのは否めないが… 「初心者でも億万長者になってしまうことがある」ということも、FXとギャンブルが同一視されてしまう理由として挙げられます。もしもFXがキチンとした知識や経験が無いと勝つことが難しい投資手法ならば、FXをギャンブルだと認識する人も少ないと思われます。 しかし、FXは通貨の相場が上がるか下がるかを予想する投資手法です。極論を言えば「50%の確率で儲けることができる投資」なわけです。そのため、初心者が超高倍率のレバレッジを掛けて投資をしていたとしても、予想が当たれば億万長者になれるチャンスがあるということです。 この部分がFXをギャンブルだと認識させている理由となりますが、FXをギャンブルだと認識している人は「安定して勝ち続ける」ということが不可能です。 いつまでも当たり続ける予想というものはありません。いつか手痛いしっぺ返しを食らい、大きな負債を抱え込むことになります。最初にプラスを出していた人ほど調子に乗りやすい傾向にありますので、その分だけ負債の金額も大きくなってしまいます。 FXで勝ち続けるためには知識と経験の他に、分析する能力も求められます。分析をして自分だけの勝ちパターンを発見すれば、その状況になった時に投資をするだけで勝率を高めることができますので、まずは自分で投資をしてみて結果から内容を分析することが大切です。 プロのトレーダーは毎日分析の繰り返しをしています。自分のメンタル管理と相場の分析を繰り返すことで自分の勝ちパターンを増やしているのがポイントです。 ■まとめ 今回はFXとギャンブルの違いについて簡単に紹介しました。 世界中のギャンブルを見渡しても、勝つためには何らかの努力が求められることも多いために、純粋に運否天賦で勝負ができるようなギャンブルは少なくなっています。 そのため、「ギャンブルでも頭を使うことが多いじゃないか!」と言われると反論できないのですが、FXは運否天賦の要素よりも知識や経験の要素が大きくなっているので、ギャンブルとは大きく異なります。 まずは、FXはギャンブルだという認識を取っ払い、投資だという認識を持ってから始めると良いでしょう。 https://news.yahoo.co.jp/articles/b2d33c3b15ff969796a14d93c72d37dd8e49a862?page=2 FXやビットコインで資産づくり? 長期投資に向かない理由 9/15(水) 19:30配信 NIKKEI STYLE 資産づくりの王道は投資信託の積み立てですが、金融商品はほかにもいろいろあります。その中に資産づくりに使えるものはないのでしょうか。今回はFX(外国為替証拠金取引)と暗号資産(仮想通貨)について見てみましょう。 ■FXはハイリスク・ハイリターン 以前、ある若い人が「資産運用を始めました!」というので、「それはいいことですね」と答えたのですが、聞いてみると始めたのはFXだったので残念に思ったのでした。結論からいうと、FXは資産づくりには向いていません。なぜでしょうか。 FXというのは、「日本円を売って米ドルを買う」というように、2つの通貨を交換する取引です。例えば、1ドル=100円のときに10万円で米ドルを買うとすると、1000ドル分買えます。それを1ドル=102円のときに売って円にすると、10万2000円となって、差額の2000円を利益として得ることができます。これだと、外貨預金とほぼ同じですね。 FXが外貨預金と大きく違うのは、FX取引会社に手持ちのお金を証拠金として差し入れることによって何倍もの取引ができること。この倍率を「レバレッジ」といい、最大25倍までの取引が可能です。 例えば、手持ちのお金10万円を証拠金とし、1ドル=100円のときにレバレッジ10倍で米ドルを買うとすると、10万円×10倍=100万円=1万ドルを買うことができます。それを1ドル=102円のときに売ると、102万円となって、2万円の利益が得られます。 つまり、レバレッジが10倍だと得られる利益も10倍になるわけです。それだけ見るとすごくよさそうですよね。でも、為替レートがいつも自分の予想通りに動くとは限りません。 10万円で1ドル=100円のときに買った米ドルを1ドル=98円で売ったら2000円の損失となります。それをレバレッジ10倍にすると損失は2万円。損失も10倍になるのです。レバレッジを高くすればするほど、ハイリスク・ハイリターンになるというわけです。 外貨預金の場合、買ったときより円高になっても為替レートが円安になるまで外貨を持ち続けることができるし、米ドルやユーロなら、外貨のまま引き出して海外旅行などで使うこともできます。 それに対して、FXは多くの場合外貨で引き出すことができません。またFXには為替レートが一定以上大きく変動したとき、損失が拡大するのを防ぐために、保有している通貨が自動的に売却される「ロスカット」という仕組みがあります。 買った通貨を保有し続けるつもりでいても、自分の意思とは関係なく売却されてしまうことがあるということです。為替レートが一時的に大きく動くことは珍しくなく、ロスカットになると長く持ち続けることができないのです。 株は、それを発行した会社が破綻したら価値がゼロになる可能性があるのに対し、FXは通貨への投資なので、ゼロになることはほぼないといえます。ただし、株の価格には上限がないので、長期で保有して値上がりを待つことができます。 一方、為替レートは一定の範囲内で上下し、1つの通貨の価値が他の通貨に対して上がり続けるということはありません。FXで利益を上げるには為替の変動をこまめにとらえて短期的な売買を繰り返さなければならないのです。 投資信託の積み立てのように、手間をかけずに長期間積み立て投資をすることができないので、FXは資産づくりには適していないといえます。 ■ビットコインに将来性はあるかもしれないが… 「ビットコイン」という言葉を見聞きし 以下続く・・・ https://news.yahoo.co.jp/articles/1ec4f9be550dd52d983ea5f4d9191a512943ff17

0

スキャルならギャンブルもどきの丁半博打。デイならちょっとは投機の雰囲気。スイングなら投資の端っこにいる感じ?(笑)

0

損失の危険はあるがギャンブルではない リスクを冒さない人はシャンパンを飲まない。

0

過去チャートの検証をして、ここで買えば80%確率で勝つ。 とか、 勝率50%の、確率だけど、利確位置が2に対して損切りが1ならば資金は増えていくことになります。 上に行くか下に行くかをサイコロで決めてトレードすればギャンブルですね