もし東映がライダーや戦隊をいったん休止させて新しい特撮ヒーローを作る場合、長所と短所はなんだとおもいますか・・・?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさま回答ありがとうございます!

お礼日時:9/20 20:00

その他の回答(5件)

1

仮面ライダーや戦隊シリーズに変わる新しい変身ヒーローを勿論、東映には作って欲しいですけど、これはバンダイやテレビ朝日がOKを出さない限り無理ですっ❗ 。東映も今更そんな冒険をすると思えませんっ❗ 。個人的には、東映には仮面ライダーや戦隊シリーズに変わる新しい変身ヒーローは作って欲しいと思います。だが、現実にはそれは不可能です〜・・・ 。仮面ライダーや戦隊シリーズも存続が危ぶまれているそうなのでそれはは絶対ないと思います。

1人がナイス!しています

2

短所 ・時間変わる。朝の凄まじく早い時間とか深夜とか。ニチアサキッズタイムは多分消滅。プリキュアくらいは残るかな? ・予算減る。結果的に特撮やCG、アクションはショボくなるかも。坂本監督への依存がますます強くなるかな。 ・俳優集まるかなぁ…?仮面ライダーや戦隊の主演ともなれば大人からに認知度も高く箔も付こうが、名も無きヒーローの主演してもね…事務所が渋る気がする… ・実験的な作風は却ってやりづらくなるかも。まずは「とにかく売れる」事が優先されて平凡なドラマにならざるを得なくなるかと… ・映画作れない。Vシネマ作れない。というかメディアミックス全般が作れない。 ・売れなかったら即刻切られかねない。梃入れの嵐で初志貫徹も出来ないか、梃入れすら許されないか… ・多分仮面ライダーやスーパー戦隊も二度と作れない、くらいのリスクも背負わないといけない。 ・そもそも「何故仮面ライダーではいけないのか」という突っ込みは避けられないかと。 長所 ・チェレーザが喜ぶ。 くらいしかなくない?申し訳ないが全く思い付かない。あっても上記のデメリットに釣り合うかどうか… 申し訳ないけど「枠を潰す」って発想は短絡的過ぎると思いますよ。仮面ライダーアマゾンズみたいにサブスクに逃げ込むか生物彗星みたいにNHKに頼むとか選択肢はいくらでもあるんだし。そっちを検討した方がよほど現実的かと。

画像

2人がナイス!しています

2

仮面ライダーやウルトラマンはもうそれが存在するかのような人格がありますから、一定の年齢には恒久的に繰り返し人気があります。ガンダムみたいにファンの年齢とともに一定の年齢層だけに支持が偏るということは無く、一つの年齢の通過点のようなものです。これが長所で親の代(もしかすると祖父の代)から存在していますからグッヅなどは売れ続けます。ゴレンジャーや仮面ライダー(セーラームーンとプリキュア)は年齢を確認する一里塚に近いので 新しいヒーローはいりません。また造形が細かく違っていますから兄弟で同じものと言う訳にはいかず需要も絶えないのです。 一旦飽きた子供はもう見向きもしませんが、次の子供がファンになるという図式なのです。 新しいヒーローはかなりの冒険ですから抽選で当たるヒーローなんてどうでしょうね。誰がヒーローになるか放送までわからないとかいう設定で。いきなりバットマンや、エイトマンの能力を30分だけ与えられるとか。・・・ヒーローの使い捨てみたいでダメかな。

2人がナイス!しています

3

長所は仮面ライダーではないのにアイテム商法を堅守するなら最低限の売り上げに…なるのかな、宇宙刑事の立ち上げみたいな明快なイメージもなしにオリジナルに突撃しても見た目レスキューヒーローみたいなのをやらかすんじゃないかって悪寒もある。セイバーとかリバイスが複雑にすることが目的みたいなデザインになっているからコンセプトは明快な上にもう少し線を整理したものがバンダイに描けないのならオリジナルの明日はないし仮面ライダーの未来も暗くなっているとしか言えない ハイスクールヒーローズがある程度上手くいったから今度は学園ドラマのヒーローものとしてウイングマンとかもいいかなとは思うしガールガンレディが育つのかどうかも関わってくるような気はします。今漫画アクションに古代戦士ハニワットが連載していて実に興味深い作品です。しかし映像化は原作尊重だと実写版は映画しか選択肢がありません。今の東映にこなす力があるかどうかは分かりかねますが面白い題材だとは断っておきます。あのぐらいの発想をするスタッフが東映にいないなら仮面ライダーや戦隊の休止は地獄の選択にしかならないように見えます 長所って書き出したけど短所の話になってしまった

3人がナイス!しています

5

アンパンマン同様 戦隊 ライダー プリキュア などは小学校低学年位までのお子さんがハマります どんどん大きくなり、飽きたり卒業しますが 新しい子供が生まれハマっていくので、常に一定需要が有ります 新しいお子さんは既存シリーズを知らないので、目新しく感じ大きくなるまでハマります なので休止させる必要は全くなく また必要以上にヒーローを作り出すのも、親の買い与えるオモチャの量も無限では無いので ヒーローを増やすのも、自分の首を絞める事になります 新たなヒーローを作る為に、現行シリーズを止めるのはリスクしかなく もしそうなる事が有るなら、需要が無く視聴率の低迷、オモチャの売り上げが落ち 打開策が必要な時くらいでしょう

5人がナイス!しています

昔のように「子供が多く」「バブルで景気が良く」「オモチャが売れた時代」は新番組も増やせましたが 子供が減り、景気が悪く、オモチャよりスマホとカードが欲しい子供が多い時代の現代は、新番組は一定以上はリスクなんです 特撮だけでなく、夕方の子供向け番組が減って 以前のように毎日ゴールデンタイムに多くの番組が1年放送してないでしょう? 子供向け番組が利益になる時代は90年を最後に縮小してしまったのが実情です