ID非公開

2021/9/20 11:49

66回答

グラベルロードとはロードバイクのタイヤを太くしただけですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

グラベルロードは、本来は競技用の自転車です。 日本にはロードレースとトラック競技しかありませんが、世界ではグレート・レース(Great Race)という大自然を相手に戦うアドベンチャー競技があります。 グレート・レースというのは、徒歩、自転車、カヌー(またはゴムボート)を使って何日もかけて未開の地を走破するレースです。たまにNHKのBSで放送されていますが、ブラジルの原野600Kmを自転車で走破するとか、富士山より高いカラコルム山脈やアンデス山脈の標高4000m以上の峠を自転車で突破するとか、とんでもない競技です。 そういう目的のための特殊な自転車を市販化したのが本来のグラベルロード。

画像
1

生粋のロードバイクに太いタイヤは付きません。フレームにあたるので物理的に無理なんです。なのでグラベルロードのフレームは専用設計です。ついでに軽さより丈夫さを重視して作られることが多いようですね。 出始めの頃のグラベルロードの目印は「ドロップハンドルなのにディスクブレーキ」でした。よく見たらタイヤもゴツゴツして太い。目新しかったのでなんとなくかっこよく見えた人もいたようです。 ところが今はロードバイクにディスクブレーキが当たり前になって、タイヤもどうやら太くても速く走れると言うことがわかってきたので違いがあまりなくなってきてます。メーカーもグラベルロードと言うネーミングがちょっと恥ずかしくなってきたのか、名称を変えたりしてますね。 と最近ふんだりけったりのグラベルロードですがちょっと改造するだけで街乗り用に最高です。タイヤを街乗り用に変えてフルフェンダーをつけます。見た目はドロップハンドルでスポーティーなポジションが出せてタイヤは太くて快適でブレーキもよく効くしベース車両を安物にしておけば雑に扱っても惜しくないしそもそも丈夫にできてるし盗難の心配も少ないです。 なので愛用しています。Fuji featherCX+改… たまには左側からのショットを。

画像

1人がナイス!しています

0

ロードバイクに28cや32cのグラベルキングのタイヤなどをはかせたら、少しだけグラベルロードになりますが、舗装路用のフレームでは、衝撃に弱く、グラベルの下りなどはあまり走れないでしょう!グラベルロードで山の下りはマウンテンバイクみたいに走れないようなもんです!見た目はロードバイクのタイヤを太くしただけに見えますが!フレームもロードよりゴツいですよー

0

フレームやフォークに強度マージンを取ってあるようなので幾分重くなってますね。 その分は耐久性は高いでしょう。 あと太いタイヤ用にホイールのリム幅が通常のロード用より広い。 通常のロードバイクではクリアランスの関係でそこまで太いタイヤは履けません。

0

耐久性重視のモデルが多いようです。 そのせいで、舗装路用としては無駄に重いのでますます遅いんですよ(苦笑)