ビーチクルーザーや古いBMXで使われている、 アメリカンBBというボトムブラケットの規格について質問です。 横から見るとベアリングの玉が回っているのが確認できるほどで、

自転車、サイクリング | この仕事教えて61閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ありがとうございます。 一回泥をかぶると問題が出るBBが、 当時どのように扱われていたのかを知りたいのです。 コンバージョンキットで私が知っているのはTRUVATIV BB アダプター American → Euro (68mm) ですが、 https://www.amazon.co.jp/dp/B000VT550K/ref=cm_cr_dp_d_vote_lft?ie=UTF8&csrfT=gpj%2BXIey63EDRjZHjTn11uFBOENdsMX3D3wTmlIAAAABAAAAAGFIDChyYXcAAAAA%2B4kUEk%2F7iMGR3xPcX6iU&reviewId=RF1V8C3VM7SDD#RF1V8C3VM7SDD& ここまで大げさにせず、たとえば直接シェルにベアリングを圧入するようなものはないのかなと思っています。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

シェル幅65mmが効いていてコンバートは出来ないようです。 当時現役だった方に運用のコツを聞いてみようと思います。

お礼日時:9/21 20:45