この入道雲は太い脚を垂らして天空高く伸び上がっている。その頂点をてべして、傘を開きかけの茸型にー(井伏鱒二「黒い雨」より)

ベストアンサー

0