日本の少子化の原因は高齢者への税金という説が一般的になっていますが、そもそも日本人の出生力、性欲が落ちているという説を聞きました。

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

1

私は、未婚や晩婚化にも原因があるように思います。 明治の頃から昭和30年頃までは、女性は18歳くらいでも普通に結婚してたし、大学へ行く女性は珍しかった。 例えば、平均結婚年齢は、昭和30年頃23歳令和3年28歳。 23歳から産む子供と28歳から産める子供の数は差があります。 金持ちほど高学歴なので晩婚化の傾向があります。 法律で、18歳~20歳で結婚すると子どもの学費免除とか税金免除とかするといいと思う。子供5人以上で住宅費免除とか。 人口減は国力低下に繋がります。これが中国や韓国にも最近舐められている原因だと思います。

1人がナイス!しています

1

恵まれた社会で生存競争の必要性がないことが、生殖行動力の低下につながってます。 金が問題なら、後進国や田舎の出産率は下がっていますが、恵まれた都市部ほど出生率は低いです。 競争力が下がるのは否めないですが、国力が落ちればイヤでも生存競争に巻き込まれますから、そのうち出生率も上がると思います。 その時にすでに他国の支配下に置かれていた場合はすでに時すでに遅しだと思いますが。 たしか、シンガポールなどの国はすでに華僑、漢民族の支配下にある国が数か国あるようです。

1人がナイス!しています