ID非公開

2021/9/21 20:55

55回答

新卒で2つの生命保険会社があり、一方は企業訪問と自分の周りの人から契約を取っていき、もう一方は企業訪問のみで自分の周りの人から契約を取るのは禁止にされています。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

結局決定的なのは「内容」だけです。 家族知人は ○○保険扱ってますからね~スリスリ!よろしく! 挨拶だけはしておくと良いかも。 この時点で警戒する人は多いのかもしれない。 しかしながら客から 他社加入中の保険はこのままで良いかな? 保険に加入したい、いいのあるか? って聞いて来たら相談にのる感じが良い距離感。 他社でも良い内容や必要ならそのまま残します。 実話 ヤメヤメ、速攻解約を勧めて、もっとましなおそらくその人にとっていい保険をすぐに提案紹介しても「成績目当て」と思われたりね笑。 一長一短間違いはないしね。 不要な内容保障、長く高いほぼすべて掛け捨て(保険料値上がりなし)。 毎月約3万、10年くらいして毎月がちょい厳しいと解約決意。 「お前の言ったのホントだったよ、なんかかなり損したよ。あの時はワリィ」 「やっとわかったのか?」 って10年間○○な奴と思われてたかもね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます!

お礼日時:9/28 16:57

その他の回答(4件)

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

0

肝心の職種は? 生命保険業界とは全国転勤の名の元に総合職だけが暴利を貪り、国策と国の制度を悪用し、失業中の女の身体と周りにいる人脈が欲しいだけの詐欺師育成生命保険業界。 高学歴総合職が、生保レディを低学歴風俗嬢と位置付け操作しているだけの業界であり、安易に入る業界ではありません。

0

保険の加入をすすめるだけで、友人を失うのであれば、保険会社に就職しない方がよいのでは。 保険ってそんなにヤバい商品なのでしょうか。 そんなヤバい商品を取り扱っている会社はもっとヤバくないでしょうか。 企業もアホではないので、友人を失うような保険には加入しませんよ。 どちらかというと友人家族に保険を売るより、企業に保険を売る方が100倍難しいです。

1

考え方がおかしいよね 後者の方が知人や家族に声かけできないので、友人を失う心配はなく、いいなと思う →商品が他社より優位であればさ、友人なんか失うわけがない 周りの人には営業しないほうが良いです。なぜなら自分の大切な人たちが一瞬で離れていくからです。 →これは粗悪品を売るからだろ? つまりその会社の商品は粗悪品で、それを無理矢理買わせようとしたり、欠陥を伝えず、外側のキレイな部分だけ見せて売ろうとするから、だ 友人を失う、これはその人の人間性だけです。 だいたいそういう奴って内容が良くないし自分の成績だけだから。 →これが正しい理解だ 粗悪品を、良い商品だと勘違いさせるような案内をして売る、そういう人間は買う側の立場を考えないから、友人を失う 保険ではなくて 他の商売で考えたらいい 質問者が飲食店を経営する、またはそこで働く その料理が心底美味いと思い 家族や知人に食べて欲しいと思う これがおかしいか? マーケットを見るのではなく その商品や企業を見て 家族や知人へ紹介できないようなものなら そもそもやめたほうがいいよ

1人がナイス!しています

追記すると いい商品 いい売り方 の企業は、自然とマーケットがついてくるはずだ 同じ100人のマーケットでどちらが売れると思うか考えたらいい マーケットの規模が大きくても 売れる確率が低い商品だと 結果は出にくいでショ? 同じ労力、同じ時間をかけて 売れる確率の高い方が有利だよね? これがわかんないとダメ

2

周りの人には営業しないほうが良いです。なぜなら自分の大切な人たちが一瞬で離れていくからです。 周りの人に営業しないとノルマを達成できないようなら遅かれ早かれ会社を去ることになるでしょうから、初めから企業相手に本気で営業したほうが良いです。

2人がナイス!しています