ID非公開

2021/9/22 7:18

33回答

世界初の有人宇宙飛行を達成したソ連のガガーリンは、政府側としては生存したまま地球に帰還する可能性は低いと考えていたのは本当ですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

世界初の有人宇宙飛行(ボストーク1号)の時はそうでもなかったでしょうが、その6年後に打ち上げられたソユーズ1号は数々の欠陥が見つかっていたにもかかわらず、政治的理由で打ち上げが強行されました。この時ガガーリンは予備搭乗員でしたが、正規搭乗員のコマロフは「もし自分が乗らなければ、ガガーリンが自分の代わりに乗り、自分の代わりに死ぬ」と考えていたそうです。案の定ソユーズ1号は着陸に失敗しコマロフは死亡しました。その後ソユーズ宇宙船は改良を重ね、50年以上経った今も現役で使用されています。

0

>生存したまま地球に帰還する可能性は低い そこまで低いとは考えていなかったはずです、 有人の前に確か犬で成功させていました。 失敗するかも知れないとは思っていたと思います。