ID非公開

2021/9/22 8:41

55回答

なぜ大阪府と京都府だけ県ではなく「府」なのですか?

補足

歴史的経緯は分かりましたが、意義が失われた現代でも残っているのはどうしてですか。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

明治時代の慣例が今に残ってしまっているためです。 そのため、明日にでも県や都にしても良いのですが、大阪府はご存知の通り、大阪都を目指して住民投票で否決されました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

一番納得できました。 明治時代に重要都市として「府」がいくつか設置され、その後に首都の東京府、経済都市の大阪府、文化都市の京都府の3つに絞られ、そして定義が失われて今日に至る。。。 回答ありがとうございました。

お礼日時:9/23 15:40

その他の回答(4件)

1

明治時代に首都をどこか決めきれずに、東京・大阪・京都を首都及びその代替地(副首都)と定義して府を3つだけ残した訳で(9府→7府→3府)と首都候補を絞り込んでいる。 その後にこの定義は有耶無耶に成り、東京府が東京市と合併して都を名乗ってしまったので府が2か所だけ残った。

1人がナイス!しています

因みに決めきれなくなった原因の一つに関東大震災が有り、この直後に大阪が日本最大都市となる。

0

京都が府なのは首都だったからではなく明治時代の頃には江戸(東京)、大阪に並ぶ最大都市だったためです。江戸時代の頃は江戸が約100万人、京都、大阪が約40~50万人。その次の名古屋が約10万人ですから、この3都市が突出していたという感じです なので明治政府は東京、京都、大阪の3つを「府」それ以外を「県」としたのです。その後、1943年に首都機能を強化するために東京府東京市を廃止して「東京都」としたため現在は京都、大阪のみが「府」として残っているのです