よくミュージシャンが言われる、作曲をする際の「音楽の神が降りてくる」感覚というのは本当に存在するんですか?

作詞、作曲 | 邦楽129閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

0

あるに決まってます。 経験の無い人に言ってもしょうがないです。 ただ、参考にしてなくても、多くの音楽が素地になってることはあるでしょうね。 普段から、エンドレスで新メロを脳内や歌で続けてますが、サビのメインになるものは、一発目とか突然無意識に浮かんだものがほとんどです。 夢の中とか、寝起きもよくありますね。 睡眠中にトイレに起きて、寝床に帰らずに椅子に座って新しいメロを歌い続けることもありますよ。そういう時は雑念がなく音感だけになるので、良いみたいです。 明るくするとダメなので、真っ暗なので、知らない人が見たら完全オカルトですね。

0

ない。 音楽ってそんなことじゃなくて、あくまでも娯楽。どんな曲でも1000回も聴き込めば飽きる。これが現実。リスナーは音楽に神とか求めてない。 でも、作っている人には音楽は創作で、基本的にはめちゃくちゃ試行錯誤したり思索してるのが普通。私は音楽には感性と思索と技術の全てが揃わないと到達できない領域があると考えている。それを神で片付けるのは思考停止したい人か、自分の創作を誇張したい人だけなんじゃねーの。良識ある人なら自分の創作の原点は先人の創作以外に答えようがないと思うけどね。

1

ありますよ。 ぱーーーっと音が湧き上がってくる感じです。それはもう突然のことで、衝撃的です。

1人がナイス!しています

0

一時期流行ったゾーンにはいったとかそんな感覚なんじゃないかな。