ID非公開

2021/9/22 23:40

55回答

1984年、鋼鉄都市、アンドロイドは電気羊の夢を見るか、この三冊を半分ほど読んでみたのですが、どれも展開に起伏がなくワクワク感が感じられず途中で読むのを諦めてしまいました。私の理解力がないのもあると思うの

小説128閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

ダン・シモンズ『ハイペリオン』シリーズをおすすめします。 読み始めは短編連作形式をとっていて、それぞれの短編が全体で大きな意味をもつという構造ですので、途中でダレたり飽きたりはまず心配ないかと思います。 受賞歴 『ハイペリオン』 - 1990年ヒューゴー賞、ローカス賞受賞。1995年第26回星雲賞海外長編賞受賞 https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3%EF%BC%88%E4%B8%8A%EF%BC%89-%E3%83%80%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%BA-ebook/dp/B00EQ0Q78O/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3&qid=1632529003&sr=8-1

0

その人の抱えている問題と、好みによるので、興味深いと思うか、つまらないと思うかは人それぞれ。 人生の違う時期に読むと、共感できる場合もあります。 今の日本の現状を見る限り、そのうち戦前のような全体主義国家に移行していくだろうから、その脅威を感じるようになったときに、読んでおけばよかったと思うかもしれない。 『ハーモニー』は、アニメが割と原作に忠実で良くできているので、アニメをみてから小説を読むのもありです。 ただし、アニメは結末を改竄して、真摯な問題を、ただの恋愛沙汰の無理心中というくだらない結末にしている点は許せない。 アニメのストーリーの細かい変更は、むしろわかりやすくなっていてよかったし、何より、ピンク色で生命の気持ち悪さを表現したオブジェは一見の価値ありです。 でも、一番大事な結論を、すり替えて別物にして、作品を貶める行為だけは許せない。

0

ロバート・ハインライン「時の門」どうでしょう、ドアに鍵を掛けて卒業論文を書いてる大学生の前に見知らぬ男が現れる 「メトセラの子ら」見た所アラサーだが、実はその十倍も年を取っている女性が主人公、

0

それは昔の海外作品だからです。「1984」が第二次世界大戦直後で傾向として思想寄り、「アンドロイド…」も哲学的で純文学的なので人気があります。「鋼鉄都市」もミステリーですが1953年の作品です。米英のSFは描写が多くて長いのが娯楽として好まれましたので、今の日本人の感覚からすると長すぎて展開が遅いのでしょう。 さて、お勧めですが、 冲方丁「マルドゥック・スクランブル」 3巻にわたる長編ですが、スピード感で一気に読めます。 アイザック ・アシモフ「銀河帝国の興亡」の3巻まで どちらかと言うと歴史物ですが、盛り上がりが随所にあるのでサクサク読めます。 ロバート・ソウヤー『イリーガル・エイリアン』 ファーストコンタクトした異星人使節団の中で殺人事件が起きてそれをアメリカの法廷で裁かねばならなくなるという話です。ところどころクスッと笑えるところがあります。 Amazonなどの書評を読んで参考にしてください。