回答(7件)

2

プログラマとして就職したいなら必要です → 採用側は 学歴以外に能力を推定する尺度を持ちません プログラマになった以降ならば、まぁぁったく不要です

2人がナイス!しています

0

突出した能力があって自分の名前で仕事できるのなら不要だよ。 そうでもないのなら、必要とまでは断言しずらいが、有用であることは確かだ。 ホワイトな待遇の会社へ入社する場合、優秀な方々が集ってくる会社へ入社する場合、案件を受ける場合、転職する場合、自社内で昇進昇級する場合、就業ビザを取得する場合などなどで陰に陽に影響するものだ。

2

学歴が必要なケース ・大手に入社 ・高度な計算が必要な業務を担当 CG、CAD、科学技術計算など 学歴が不要なケース ・中小に底辺で入社とか契約社員、派遣など ・自営業

2人がナイス!しています

0

学歴、良い大学を卒業したということは、それだけの実力を認められるということです。 恋人を探す時に、なにかの情報がないと選べません。 ランダムでいいやとはなりません。 そこで、企業は情報を知りたがります。 恋人の場合は、お料理学校に行ったとか、趣味や年収とかです。 そういう点で、学歴(その人の情報、アピールポイント)は必要です。 でも、そうでないケースもあります。 学歴は、いい大学に通ったという経歴がほしいのではなく、いい大学に行ったのだから、それなりの実力があるだろうと推測されるから、認められるのです。 しかし、就職後は、「いい大学に通ったが仕事ができない」では意味がありません。 就職後は、自分がしてきた仕事が学歴に変わります。 でも、最初に学歴という担保があるのと、ないのではスタートラインが違います。 違いますが、その担保も3年もすれば価値はなくなり、実力社会になります。 IT業界は、比較的に転職が許されるので、実力を示し、転職していくということも十分可能です。 という、話しかと。