ID非公開

2021/9/25 11:44

99回答

私は年収400万円程度ですが、諸経費込みで800万円のBMW車を勢いで購入してしまいました。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

維持できそうであることがわかり、安心しました。 皆さん、ご回答していただきありがとうございました!

お礼日時:9/25 17:18

その他の回答(8件)

0

使えるお金を確保してるじゃないですか。 小学生でも計算すれば足りる事が分かるかと。 ただ毎年来る自動車税や車検代は万が一の時のお金とは別にしないと大物が壊れた時に修理費を捻出出来なくなります。 月に10万円もBMWに使えるなら維持して行けるでしょう。 でも使えるお金の大半がローンに回るならちょっと・・・いや、かなり考えものですけどね。

0

難しく考える事もありません!維持が難しくなれば売り飛ばせば良いだけです。

1

BMW2台を含めて40年近くドイツ車中心に所有してきました。 なかなか思い切った買い物をしたと思いますが立派です。BMW含めた外車では、国産車と違いお金が一番かかるのは修理とメンテナンスです。でも、この頃のBMWは40年前と比べると故障は少なくなったと思いますので、車を傷めない乗り方していれば今後も維持は可能だと思います。 車を傷めない乗り方とは例えば次のようなことです。 1)急発進、急加速、急ブレーキをしない。 2)エンジンは95%以上を2000回転以下に保って運転する。どうしても加速に必要な場合以外は2000回転以上にしない。連続して4000回転以上にはしない。回転を上げる場合でも急激にはしない。 3)MTモードでシフトショックの出るような変速はしない。例えばマニュアルで1速にシフトダウンしてはいけません。 4)未舗装路は走行しない、マンホールのくぼみは避ける、段差はごく低速で乗り越えるなどサスペンションやボディーにストレスがかからないようにする。 5)車を停止した状態でハンドルを切らない。すなわち、いわゆる「据え切り」をしない。これをするとパワーステアリングが徐々に痛みます。 6)エンジンオイル交換、ブレーキフルード交換、などすべての油脂、冷却水、その他消耗品の交換は最低メーカーの指示通りに実施する。 7)添加剤などを良く調べもしないで他人に勧められるままに投入しない。自分でよく調べて確実なものだけ採用する。 8)できれば屋内保管をする。屋外保管の場合は必ずカバーをかける。但し、カバーの裏が起毛されていなければ塗装を傷めるのに間に毛布などを挟む。 9)できるだけ雨の日、雪の日は乗らない。乗った場合は水滴がドア内側に入らないよう、窓を開けない。 10)海の近く、雪国を走る場合はボディ下面にあらかじめ防錆処理をする。雪国では融雪剤として道路に塩化カルシウムを撒いているので下面が錆びます。 11)雨の日も頻繁に乗る場合は内張を外してドア内側にも防錆処理をする。 乗り潰すということですが、もし15万キロ以上はしる場合は、ATに不具合が出るかもしれないので、ATフルードの交換をするべきです。ATフルード(ATオイル)の交換は交換することで内部に溜まったスラッジがATを傷めることがあります。そのため、8万キロを超えるともはや交換できないことがあります。8万キロくらいまでに最初の交換をして、その後は5万キロごとぐらいにすると良いと思います。ディーラーではリスク回避と、はやく壊れて次を買ってもらうために交換をしてくれません。難しい作業なので専門業者に依頼しなければなりません。10万円くらいかかります。 ご質問にあるタイヤ交換やブレーキパッド/ローター交換の値段はディーラー価格かと思います。市中の業者なら半額~7割くらいで対応してもらえるはずです。タイヤなど、アジア製タイヤでも最近は優秀です。4本換えても10万円しないでしょう。 2回目の車検、5万キロくらいまではディーラーで整備や車検をしていてもそれほど高額ではありませんが、それ以降は予防メンテと称してまだ壊れそうにない部品もやたらと交換され費用が嵩みます。よって、ディーラーではなくBMWに経験豊富な市中の業者に依頼したほうが良いと思います。多くの人がそうしています。ただし、その場合予防メンテは十分できていないので、路上でいきなりエンジンチェックランプなどが点灯するかもしれません。そういった場合にあわてないよう、どう対処すればよいのかはあらかじめ勉強して頭に入れておく必要があります。 私はBMW以外にもメルセデスやAUDIを所有しましたが、乗っていて一番面白いのはやはり今も所有しているBMWです。末永く大切に乗ってください。

1人がナイス!しています

0

ご質問の趣旨が判らないのですが、。そういう生活態度のお方もいらっしゃらない事には、GDPも上がりません、頑張って維持してください。思い切って下取りに出して、新車を買うのもまた一つの方法です、健闘を祈りたし。

0

タイヤ代は調べただけで、3年でタイヤ交換する事になっていない事を考えると余裕じゃないでしょうか。 一番心配なのは、あまりにも消耗しない現実ではないでしょうか。