3週間程前からめまいがします。熱はなく

病気、症状74閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

あれから整骨院に行き始めました。 何だかめまいの頻度が減っているように感じます!鍼もしてみたいと思います!

お礼日時:9/29 8:46

その他の回答(2件)

0

歯ぎしりが原因ですね。歯やアゴのバランスも相当ゆがんでいると思います。 メニエール病はいくら耳鼻科に通って真面目に薬を飲んでも治りませんので、聴力やめまいの状態を検査する目的以外で行っても意味がありません。耳鼻科は歯やアゴのことについては全く知識がないので、歯やアゴについて的確な診断を下せません。 歯やアゴが悪いと頸椎が歪んで、血流が減少し、耳をはじめ全身に様々な問題が起こります。専門の咬合歯科で診てもらいましょう。一般歯科ではなく、日本咬合学会専門医が良いです。(日本咬合学会 丸山先生のすすめ) 歯科の中でも、噛み合わせの専門医、咬合専門医を探して受診しましょう。ただし、病院にただ依存して治してもらおうとするのではなく、自助努力も非常に重要です。 マウスピースはないよりマシかも知れませんが、根本的な解決にはなりません。 歯科医があまり積極的に言わないことは、顎関節症を治すには自助努力がとても大切だということです。これを認知行動療法と言います。自助努力はタダですし、これで治れば歯科医は要らないので、そういうことは歯科医自ら積極的に言いません。以下に自助努力の方法を記載しますので、参考になさってください。 1.まずは一日を通してアゴから音が出る瞬間がゼロになることを目標に、生活の工夫をしましょう。アゴから音が出ているその瞬間、顎関節は確実にダメージを受けています。 2.鏡の前で歯をカチカチと合わせて、上と下の歯にずれがないか確認しましょう。上下の前歯2本ずつが曲がっていなければ、その2本の真ん中同士の左右ずれを確認します。ずれが1mm以内ならセーフ、3mm以上ずれていたらアウトです、咬合専門医を受診しましょう。噛み合わせを治すため、場合により治療費が高額になることも覚悟しましょう。 3.一日のうち歯を噛んでいる時間は何時間・何分ありますか?15分以内でなければならないし、食事時以外は0分が理想です。下の歯を常に1cm開けた状態で生活するようにしましょう。 4.片噛みをしないことはもちろん、奥歯(大臼歯)よりも手前の小臼歯や犬歯、前歯もまんべんなく、左右も均等に使いましょう。 5.あくびが出そうになったら、勢いに任せて口を大きく開けすぎないよう調整しましょう。 6.就寝時は、下の歯を常に3cm開けた状態で寝られることを目標にして寝ましょう。寝ている時に上下の歯のすき間が無くなっていることに気づいたら、開けます。常に上下の歯が開いていれば歯ぎしりは起こらないので、これを意識して直していきましょう。 7.硬い食べ物をしばらくの間控えましょう。パンはやわらかい食べ物というイメージがありますが、実際には硬いものが多く、顎関節に負担がかかります。一方、ご飯は負担が少なく、おすすめです。 8.動的ストレッチでアゴを軽く動かして、アゴ周りの筋肉をほぐしましょう。「さとう式リンパケア」を動画検索してみて、毎日軽い動きでやってみてください。 9.サックスやバイオリン、強度の強いスポーツが原因になっている場合があるので、該当する場合は控えたり、アゴに負担のない方法を検討しましょう。アゴを動かさずに力を込める動作に問題があるので、とにかくアゴに力を込めないようにします。

0

めまいは耳鼻咽喉科です。 治らないなら同じ所に再診してください。