回答受付が終了しました

ID非公開

2021/9/27 10:01

1313回答

付き合って1年の彼氏がいます。

補足

このはなしは、たまたま宗教の話になった時に彼が言っていました。彼から急にいいでした訳ではないです。 子供の頃から行事に出たりしていたと言っていました。 実家を離れてからは会員の人の挨拶は来なくていいと断ったそうです。

宗教 | 家族関係の悩み1,035閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

回答(13件)

1

ID非公開

2021/10/4 0:05

私も学会三世で生まれた時から学会員です。

1人がナイス!しています

ID非公開

2021/10/4 0:06

私の場合は、私が学会3世、夫が非学会員(無宗教)でした。 結婚して半年たった頃から、家族は何も言わなかったのですが、地域の学会幹部たちは黙っていませんでした。 私は夫を学会に入信させるつもりはなかったのですが、幹部たちに「その考えは間違っている。旦那さんに入信するように説得するから会合に連れてきて」と何度も言われ、嫌がる夫を無理やり会合に連れていきました。 何度か会合に夫を連れ出して、幹部に入信を説得されましたが、夫は「学会に入信したくない」と断り続けました。 そして、どんなに説得しても入信を拒む夫と、夫に入信を強く勧めない私に対して、とうとう幹部たちは怒ってしまい、私の両親に「娘夫婦を説得しなさい」と厳しく指導しました。 この指導をきっかけに、私の両親は、夫に入信を強く要求するようになりました。

1

連中は常に組織ぐるみで悪質で強引な勧誘するので例え彼が活動してなく ても信者なので他の信者達に執拗に粘着され精神的苦痛を一生味わう事に なるでしょうねそれが常軌を逸脱した団体の信者と付き合うという事です もし結婚するなら一生を棒に振っても構わないという覚悟は必要でしょう

1人がナイス!しています

2

創価学会では創価学会でない人と付き合って信者にして結婚するのがセオリーですけどね。 まぁ、古いしきたりにこだわる家なら、嫁が家に入ったら、その家の宗教に入るのは当たり前だと考えるかもしれませんが、創価学会は新興宗教なので、そのような古い考えは持ちませんよ。 ただ。普通に夫婦になるなら価値観を共有したいとは(創価学会に限らなくても)思うでしょうけど。

2人がナイス!しています

3

この手の話っていつも不思議なんだけど半同棲になる前にきちんと会話しておかなきゃいけなかったんだけどね。 半同棲になった時点でようやく会員の話をしたってことは他の回答者さんのいう通りどれくらいの熱を上げてるかによりますよね。 熱を上げてなかったとしても今の時代何があるかわからないから 問題が起こるたびに戻る可能性があるよね。 あと、半同棲してから言ったって事は他にも隠し事あるよ。 結婚の話あるなら尚更宗教の話はオープンにしてないといけないんだけどね。 自分の家族に相談したときに素直に相談した方がいいと思いますね。 現実に戻したみたいで申し訳ないけど。 参考にしてみてください。 半同棲は良かったと思うけどね。

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/9/28 8:44

そうですよね。まだまだ未熟でそこまでの考えに至っていませんでした。宗教関係はお互いの両親にも大きく関わるのと思うので、問題が起きる前に家族や本人と話し合いたいと思います。ありがとうございます

2

入信のお願いは早いか遅いかの差で、確実に言われるでしょう。 漠然と創価学会に悪いイメージを持っていても理由を話せないでしょうから、なぜ世間から疎まれているか説明します。 創価学会はかつて日蓮正宗(にちれんしょうしゅう)の信徒団体でしたが、当時代表だった池田大作が教えに背き続けたため平成三年に破門されました。 それ以降も日蓮正宗への誹謗中傷は続き、信仰の対象である仏様の御本尊を勝手に改ざんしコピーしたものを学会員に配布したのです。 このニセ本尊を拝んだり安置すると、原因不明の病気や経済苦、家庭内不和など様々な不幸に苛まれます。 家の御本尊が気付かないうちに学会製のものにすり替えられていたケースも多く、知らず知らず不幸になっていく家庭が多いのです。 例えば一万円札の偽造紙幣も、それが本物に近ければ近いほど、本物と見分けがつきにくい精巧なものであるほど、社会を混乱させる力が強く、その罪は重くなります。 ましてや、それが信仰の対象たる本尊であれば、その大謗法(誹謗正法)の重罪は想像を絶するものです。 また偽札は、どれほど良くできた精巧なものであっても、日本国家の許可なく造られた犯罪物そのものであり、それが正規の紙幣として効力を発揮することはありません。 学会製のニセ本尊も、御法主上人猊下の許可・允可(いんか)なく偽造されたものであり、それを拝んで功徳(くどく)・利益(りやく)があるどころか、逆にその魔性によって堕地獄は必定(ひつじょう)です。 また何よりも、学会に回収された本物の御本尊は、まとめて御不敬され、一体として宗門に返納されていません。 日本中で、数百万体の本物の御本尊が大量に御不敬され、同時に、数百万体ものニセ本尊が流布したのですから、日本はまさに大謗法の国土となってしまい、その現罰で、地震・噴火・大不況・凶悪犯罪の多発といった災厄が国中を覆うことになったのです。 そして現在は寺もなく、僧侶もなく、本尊も曖昧な宗教団体というのもおこがましい存在に成り下がっています。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/9/28 1:01

そのようなことがあったのですね。 今のうちに私は信仰しないと伝えてみようと思います。ありがとうございます