回答(7件)

0

神様に願い事をして願い事をして願いが叶うというのは最終的には 神様が願いを叶えているのではありません。 神様にお願いした自分自身が無意識に行動を起こした結果によって願いが叶うのです。お願いしたという気持ちが自分の心に変化を与えて無意識に願いが叶う方行に行動するようになります。 神様という形態を通して自分に暗示をかけるようなものです。 ですから、そこで約束破るということは自分に逆の暗示をかけることになり無意識に自ら罰を受けるという結果になるのです。 神はいつもあなたのそばにいてあなたを見守っています。 そういう存在です。

1

神様自身が手を下さなくても、その眷属が怒ってやる場合があります。またその人の守護霊が神様に忖度してやる場合もあります。どちらにしても、冗談では済まない可能性があります。

1人がナイス!しています

0

約束は怖いですよ。 結婚祈願した後に独身でいいやとフラフラしてるとバチが当たります。神社まじ、怖いです。

0

とりあえず日本の神様ってめっちゃ人間臭いんですよ。 ちょっと人間がヘマ(約束破り)をしたからってそんな大激怒してバチを当てるなんてしません。 せいぜい「あいつぁどうしようもないやつだ(笑)」と苦笑して終わりでしょう。 お知り合いの不幸(?)はたまたまの偶然。 それよりかは日本の神なんか信仰したからいけないんだ!と何が何でも自分の崇める神に改宗させようとする悪意を持った人に注意すべきでしょう。