ここから本文です

上腕骨顆上骨折の、後遺症について。 5歳の息子が、先月半ばに右上腕骨を骨折し...

vit********さん

2009/4/823:04:42

上腕骨顆上骨折の、後遺症について。
5歳の息子が、先月半ばに右上腕骨を骨折しました。 手術をし、骨をピンで固定していましたが、先週の始めにピンを抜き、今週にはギブスを外し、あとは肘部分の包帯と、三角巾のみです。
医師から、手首を動かすように…と言われましたが、息子の手首はダランとしており、自分の意志では動かせない状態です。(多少は動きますが、上下にヒラヒラさせることは出来ません)。指も、軽く動かせる程度で、まっすぐ伸ばしたりは難しいようです。これらは骨折の後遺症として、ずっと残っていくのでしょうか??
骨折に関しての知識がまったくないもので、息子の手がこのまま思うように動かせないのかと思うと、とても不安です。
どうぞよろしくお願いします。

閲覧数:
11,727
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dr_********さん

編集あり2009/4/1000:12:32

<これらは骨折の後遺症として、ずっと残っていくのでしょうか?>

いえ、そうではないことがほとんどです。
橈骨神経麻痺と思われますが、ほとんどの子供さんは自然に回復していきます。
もうしばらく待ってみてください。

〔整形外科医・骨大工〕

(追記)
植山 保さん
そこまで言われるのでしたら、最初から私に治療をお任せ頂かない限り「絶対」ということは言えないでしょう!
それに5歳の子供さんにTinel徴候検査をして、きちんとした答えが得られるとお思いですか?
術前の転位状態、手術時の整復状況、手の動きの詳細など、素人の方の御質問にそこまでのことを書け、と言われても不可能だと思います。
私は整形外科医になって35年以上経ち、上腕骨顆上骨折の子供さんを数多く治療してきました。
その経験上からのお話しをしているのです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

too********さん

編集あり2009/4/1015:42:08

アーア、切れちゃってら。
これだもんなあ・・・。

jik********さん

編集あり2009/4/1012:02:42

かけがえのない大切な息子さんのことですから、
「ほとんど」と言われても不安ですよね。

「じゃあそのほとんどに当てはまらない場合は?」
と不安になって当然です。
そのまま神経が損傷したままでは困るのであって、
親としては「ほとんど」ではなく「絶対」が欲しいところです。

神経が麻痺しているのであれば、
手首を動かすように指導されてもどうしようもないですしね。

時期的にまだ判断できる時期ではないようにも思いますが、
そろそろTinel兆候の抹消への進行がみられるかどうか等、
改善の兆候がみられるかどうか確認してもらって、
改善の兆候が全く見られないようなら、
神経への手術的処置も検討してもらう必要があるかと思います。

神経の修復には時間が掛かりますから、
整形外科医の方の言うことも間違いではありませんが、
少なくとも神経の回復の兆候が見られているのかどうか、
そうした部分の説明責任は必須のものであるかと思いますし、
この相談内容を読む限り
その説明責任が果たされているようには伺えません。
なぜ手首がダランと下がっているのかすら理解されていないようですし。

神経への手術が必要な場合は
極力早期に判断したほうが良いのですから、
その判断をするための検査をきちんとやって、
ちゃんと様子を見ていますよということは告げるべきだし、
5歳の子供なのですから、
親への配慮は当然やってしかるべきものでしょう。

主治医が「手の外科」であれば、
当然神経への配慮もやっているものと思われますし、
神経の改善具合もチェックしているものと思います。
一般の整形外科医であれば、
そういう配慮を最悪やっていないことも考えられますので、
その場合は「手の外科」への転院をおすすめします。

交通事故被害者支援専門 植山行政書士事務所 植山 保

【追記】
骨大工さんへ

質問者さんは
> 医師から、手首を動かすように…と言われましたが、
> 息子の手首はダランとしており、自分の意志では動かせない状態です。
と申告されています。

つまり、
神経麻痺によってそうなっていることすら説明を受けていない状態です。
まずはそのことを説明する義務が主治医にはあるのではないでしょうか?

説明した上で、
神経の修復具合もちゃんと診てますということなら安心できても、
動かないものを動かせと指示されるから不安になるわけでしょう?

その状態で、
「ほとんど勝手に治るから心配しないで」で安心できますか?
少なくとも治っていっているのかどうか、
ちゃんと経過観察していますよということくらいは、
主治医としては告げるべきではないですか?

その経過観察の方法論的なことについては、
私は医師ではありませんからわかりません。
ですが、「5歳だから確認できない。」では無責任でしょう?
何らかの方法で確認することは出来るのではないのですか?
その努力をする姿勢が安心をもたらすのではないですか?
その努力なしに「ほとんど勝手に治るから」では親としては安心できませんよ。

私を誹謗中傷している方へ

この話題が私の商売にどう繋がるのか全く意味不明です。
私の仕事はあくまで交通事故被害者支援であり、
私は医業を商売としておりません。
交通事故被害者でもない人の相談に乗って
それが商売に繋がることなどありません。

また、不安を取り除くための方向性を示しているのであって、
不安を煽ってなどいません。
気休めで「安心して」と言っても無意味だから、
安心するためにはどうすれば良いか示しているのです。

手の末梢神経の損傷が疑われるケースで、
手の外科の受診をおすすめするのは当たり前のことです。
一般外来の役目は、
より多くの患者を捌くと同時に、
専門医へのバトンタッチをすることも仕事に含まれます。

専門医を受診すべき患者を引き止めることは不適切ですし、
専門医を受診すべきかどうか微妙な症例でも、
患者やその家族が不安を抱えていれば、
念のために専門医への受診をすすめることは、
決して過剰なことではないし、
私は当然そうすべきであると思っています。

一般外来の医師が専門医の受診は必要ないと判断しているケースでも、
後々専門医を受診した際に、
「何故もっと早く専門医を受診しなかったのか」
という話になることは決して少なくありません。

専門医の受診が必要かどうか、
それを判断するためにも専門医を受診すべきだと思います。
それで
「必要ない今までの主治医に引き続き診てもらいなさい」
と言われれば、それでOKなわけですから。
専門医を受診したことで不利益を被ることなどないのです。

それがどう「不安を煽る行為」になるのか全く理解不能です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる