3.11で、「チェルノブイリでは5年後に子供の白血病?甲状腺がんが多発した。

原子力災害76閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

放射性物質が高崎まで来る間に拡散する事を忘れていましたので、 >約4倍の放射性ヨウ素が存在していた事になる事に注意して下さい。 という事では全然済まないような量のヨウ素132が事故当時に福島に存在していたのではないでしょうか。

その他の回答(4件)

2

癌の進行は大人より子供の方が速いです、未だに福島県の子供が癌で死亡したニュースを聴いたことがありません。

2人がナイス!しています

3

チェルノブイリのような兆候は、日本では見られていませんね。 完全に反日活動に必死な方のデマだと思います。 自分たちの主張だけは何度も何度も嫌がらせのようにしつこいけど 証拠は全く出さない人達というを聞いてデジャブしません? 甲状腺ガンについては影響を考え広域検査も実施しましたが 実際には検査によるデメリットが医学界から提唱され取りやめになりました。

3人がナイス!しています

そうなんですね? ということは、放射線汚染はそれほど人体に影響はなかったということですかね? 実は、チェルノブイリもそこまで避難させる必要もなかったとか?

0

子どもたちも癌だらけになり、原発推進の安倍政権下で意図的に穿刺吸引細胞診も減らされてしまったが、それでもまだまだ増え続け、福島県だけで300人も見つかっている。 福島県外の子どもたちの超音波検査も原発推進の安倍が却下し、それもスガが継承。 大人も含めた広域な検査が必要なのだが、人の言う事を聞くのが得意と自分で語る岸田も、検査阻止を継承してしまう可能性が高いのだろう。

画像