回答受付が終了しました

パートの社会保険加入について教えてください。

社会保険1,100閲覧

1人が共感しています

回答(1件)

1

まず社会保険というのが健康保険と厚生年金保険のことを指していると仮定します。 健康保険や厚生年金保険は正社員の方達なら当然加入となりますが、パートやアルバイトなどのいわゆる短時間労働者については加入要件が決まっています。 ① 3/4基準 1週間の所定労働時間及び1か月の所定労働日数が、同一の事業所に使用される通常の労働者(正社員)のものと比べて4分の3以上である者は、被保険者となる。 ② 3/4基準を満たさない短時間労働者 次の5つの要件をすべて満たす場合は被保険者となる。 ⑴ 1週間の所定労働時間が20時間以上であること ⑵ 同一の事業所に継続して1年以上使用されることが見込まれること ⑶ 報酬の月額が88,000円以上であること ⑷ 学生等でないこと ⑸ 特定適用事業所(501人以上)または労使合意があること 被保険者となる要件は以上の通りです。20時間以上とあるのは②の⑴のことで、それだけでは被保険者とはなれず、①でない場合は②の5つすべて満たす必要があります。 また、②の⑸のように個人ではどうにもならない要件もあり、会社によっては②の条件では加入できないこともあります。 さて、ご質問について、週32時間が要件と言われたとのことですが、労働基準法により1週間の労働時間の上限は40時間となっており、ほとんどの会社の正社員が週40時間(1日8時間)労働となっています。ですので、3/4基準で考えれば通常は週30時間以上であれば加入要件を満たすはずですが、32時間ということは特例が適用されている業種ということになりますね。 特例が認められている事業としては ❶ 商業の事業…小売業、卸売業、賃貸業、理美容業など ❷ 映画・演劇の事業…映画館など ❸ 保健衛生の事業…病院、診療所、浴場業など ❹ 接客娯楽の事業…旅館、飲食店、ゴルフ場、遊園地など これら❶〜❹の事業で、常時10人未満の労働者を使用するものについては、1日について8時間、1週間について44時間まで労働させることができることになっています。 週32時間が3/4となるということは、通常の労働者(正社員)は1週間につき約42.6時間ほどの労働時間となりますね。 正社員が42.6時間ほど働いていればその3/4基準は週32時間となり、こういう小さな会社が②の⑸の要件を満たしているはずがないので、①の3/4基準が加入要件となり、それが32時間ということになりますね。

1人がナイス!しています