回答(5件)

1

明らかにピーチの公式サイトではありません。 外部の旅行業者が運営する航空券サイトでしょう。 取扱料金というのはその業者の取り分となります。 例えば、株式会社アドベンチャーという旅行業者が運営するスカイチケットというサイトでは、ピーチの予約時に画像で示されているのと同じ3,700円(片道分)の取扱料金が発生します。 https://skyticket.jp/info/notice

1人がナイス!しています

3

利用されているアプリ(代理店)への手数料です。 ピーチの公式サイトでの購入·決済なら、表示されている3,700円は不要です。 1000人中999人は公式サイトで購入しますので、バカ高いとやらの3,700円を払っている人は、1000人中1人しかいません。

3人がナイス!しています

2

代理店価格だからです。 シンプルピーチ ピーチ公式からだと同日の同時刻のフライト ¥4.990それとピーチの定める別途手数料 これが代理店扱いになると シンプルピーチ ¥6.200 それに代理店の手数料 さくらトラベルが+¥2.000 エアトリが+3.740 加算されます。 画像では基本ベースが¥6.200ですから代理店販売価格 手数料が¥3.700徴収の代理店だと思われます。 ピーチ公式から購入の方がかなり安くなると思います。

2人がナイス!しています

0

空港利用料などですね。 この他、下部にも記載がありますがクレカ払いだと別途手数料が取られます。 JALやANAなどはこの辺も全部含んでいくら、という表示をしてますがLCCは少しでも安く見せるために本当の意味での「航空運賃」のみを表示しています。 なので安いと思ったのに、最後の決済時には意外と高いと思うことはピーチに限らず、ジェットスターなんかでも起こります。