回答受付が終了しました

ID非公開

2021/10/8 9:45

44回答

戦艦大和の主砲とドイツ軍の列車砲は、どちらの方が破壊力が上ですか?

歴史 | ミリタリー173閲覧

回答(4件)

0

列車砲にも幾つか種類がありますが、皆さんが対象とされてるように80cm列車砲だとすると。 戦艦の主砲と列車砲の目的、性格が違いすぎるのでどちらが上か、というのは比較自体困難だと思います。 弾丸1発の重さ、射程距離、命中した場合の破壊力は列車砲が上でしょう。 けれども、列車砲は1発射撃するのに30分以上。砲身の寿命も100発程度。 これに対し大和の主砲は最大2分に1発。それが9門あります。 列車砲は座標がきちんと判明している陸上の固定目標を撃つもの。これに対し戦艦の主砲は自艦も、目標の敵艦艇も動いているのが前提。砲身寿命も数百発以上。 列車砲の操作要員は弾丸輸送など後方の人員まで含めたら大和の乗組員より多い。 仮に、80cm列車砲が備え付けられた要塞が海岸にあり、そこへ戦艦が沖合いから艦砲射撃で破壊しようとするなら恐らく勝負にならない。30分あれば大和は20キロ以上動く。列車砲の最初の1発が偶然命中しない限り次を発射される前に何十発も主砲弾を浴びせる事が出来る。列車砲は動く目標には使えない。

1

単発の火力ならドイツの80cm級列車砲の方が上。 時間当たりの投射弾頭量なら大和の方が上。

1人がナイス!しています

1

単発の破壊力なら最大の80センチ列車砲。 一斉射を含めるなら、大和型戦艦(9発)。 1時間辺りとか、破壊の効率なら圧倒的に大和型戦艦。 *列車砲1発撃つのに時間掛かるのよ。

1人がナイス!しています

3

ドイツの列車砲にも色々あり、最も巨大なもので80cm列車砲というものがあります。歴史上最大の列車砲で、口径80cmの40.1口径、砲身長32mを超える化け物です。発射する砲弾の重さは榴弾で4.8トン、対ベトン用の破砕榴弾で7.1トンに達します。 一方、大和の主砲は口径46cmの45口径、砲身長約21m、発射する砲弾は榴弾で1.3トン、徹甲弾で1.5トン程度です。 単純に大砲の威力として見た場合、80cm列車砲と大和の主砲では明らかに80cm列車砲の方が上です。

3人がナイス!しています