ID非公開

2021/10/9 11:09

77回答

ショパン国際ピアノコンクール、始まりましたね! でも一次の結果、驚きました。 演奏がモロ素人で「絶対落ちた」と思ってた方が 通過して、「この人は通過だな」と思ってた方が 通過できず、、、

ピアノ、キーボード | クラシック1,589閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

2人が共感しています

ベストアンサー

2
画像

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/10/11 21:35

完全な素人の論外なコメント

ThanksImg質問者からのお礼コメント

「モロ素人の演奏」の一言で、モロ素人の貴方が 角野隼人だと分かったのは素晴らしい。 貴方こそ、ベストアンサーに相応しい人です。 おめでとう㊗️

お礼日時:10/14 10:29

その他の回答(6件)

1

ぼくもYouTuberのカティンくんはだめだろうなと思いましたが、1次予選通過して、え?と思いました。でも2次予選では、とてもいい演奏でした。 逆に竹田さんはいいなと思ったんですが、落ちてしまいました。 1次予選は技術よりも個性重視な気がしました。 審査員の好みで決まりますが、1位なしとかもあるので、商業主義に走ったりはしていないと思いますよ。日本レコード大賞とは違います。

1人がナイス!しています

0

悔しくて仕方がないの? まぁ高学歴でその上ピアノも超一流なんて言われちゃあ、 中途半端な連中は嫉妬で狂っちゃうかもね笑

ID非公開

質問者2021/10/11 21:20

そのコメントからしてピアノ弾けないんですね笑

0

ピアニストに要求されるのって技術能力だけじゃないです。 あと、組織に発言力のあるピアニストや音楽家の推薦があったりとか、政治的なことも絡むでしょう。 ショパン国際コンクールともなれば、入賞しただけで世界中から声が掛かり、レコードレーベルと契約したりになるので、そういう意味での素質も考慮されるのは当たり前かと。 でも、もちろん技術能力が高いことは最低条件。 下手クソなのに政治的な理由で入賞させるような堕落したコンペティションでは無いと思いますよ。

ID非公開

質問者2021/10/11 21:28

ショパン国際ピアノコンクールの審査方法 ご存知ないのですか? 「yes」「no」の数、同数の時の為に採点、 最終協議です。 この協議で、いくらでも変わりますよ。 日本はポーランドのショパン協会へ多額の 寄付もしています。 1次、2次まではまだ人数も多くどうにでも なりますよ。 2次を通過する人は、ファイナルに残る人と ほぼ同格ですが。 3次に進む人は本物です。 昔から疑惑の多いコンクールであることは 間違いないですから。

0

私の良いと思った人は通っていましたが、「この人も通ったの?」という人もいました。一次は技術面で落とすので、芸術性・音楽性は二次・三次で審査ということかもしれません。あと、やはり国籍に偏りがあると困るので、若干の配慮もあるようですので、小国出身は有利だったりします(入賞まではさせないが二次、三次ぐらいまで聴いてあげる)。 なお、マイクで拾った音と、会場の二階にいる審査員への聴こえ方が異なりますし、また、ご指摘の通り審査員の好みもあります。コンクールの入賞者がコケると威信に関わるので、スター性も若干考慮されて点数をつけているのも否めません。話題性も欲しいので人気なピアニストは通りやすいこともあると思います。 人によって意見はバラバラなので、誰にとっても満額の結果になることはあり得ません。「アローの不可能性定理」の通りです。

ID非公開

質問者2021/10/11 21:55

すでに人気のある、活動している人は 通りやすい、、、 嘆かわしいコンクールです。 国際コンクールなのに審査室の裏側で どうにでもなるとなれば、実力があり、 確かな技術を持った人は居た堪れない でしょうね。

2

正直、出来レース的な部分も否めない感じがしました。 既にメジャー・デビューしていたり、既に大きなファン層が存在する人は落とせない、みたいな。

2人がナイス!しています

なんか質問者に変な突っ込み入れている人がいますが、自分がピアノで同じ曲を弾いたことがあるからこそ、別に分かりたくなくても分かってしまう演奏ミスというのもあります。有名曲であれば、なおさらそういうのは目立つし、コンクールともなれば審査の公平性に疑義を抱かせる要因になります。相撲だって行事に物言いがつくこともあるし、野球だって審判の判定に異議が出ることもある。議論を封印しようとする圧力は表現の自由の敵です。