Ubuntu + Windows10 のdualboot で、 Ubuntu をそのままに、Win10→11 にしたい。

Linux系 | Unix系44閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

組み直します。

お礼日時:10/9 16:10

その他の回答(1件)

1

基本、OSはハードウェアを支配するソフトウェア群ですから 複数のOSを一台のPCで動かすなら そのための知識をひと通り学んだ上で 管理者の技量によってのも実現できます。 学ぶほか、トラブル対応の方法がありませんし たいていは、実施すること自体よりも 継続し維持していくことのほうが難しいので こういう問題も、維持できない理由の一つになります。 特にWindowsはLinux系OSなどと違い 他のOSを排斥する思想が強いので OS/2のようにマルチブートを前提とした市販OSの例もありましたが ことWindowsについては、打つ手なし、そういうもんです。 ごく単純に、インストーラーが強制的に ブートローダーの上書きを行ないます。 たぶんアップグレードを行なっても ブートローダーの更新として上書きを行ないます。 ですから、基本他のOSのブートローダーは破壊されます。 これはWindows 7のあとにXPをインストールするような例でも 上書き破壊が起きる問題として有名です。 それで8,10の時代には仮想マシンを使うのが主流となり まんまとWindowsがホストOSとしての安寧を得ていますw XPなどの時代であれば、ブートローダーのバックアップをとって 差し戻したりするハックもあったんですが… 今はUEFIに関わる面倒事が加わっていますし 実践している人も少なくなっていますし こうやれば大丈夫と、簡潔に説明できる人は ほとんどいないんじゃないかと思います。 普通に、11化したあと USBメモリーなどから起動したOSから GRUBの更新(上書き)を行なうのが基本だと思いますが そういうこと、平均的なLinuxユーザーはやらないので なかなか、具体的な手順を紹介する人もいないかもしれません。

1人がナイス!しています