小を「お」と読むときと「こ」と読む時があるのはなぜですか?「お」だと大(おお)に音が近いですが お:小田、小山、小川、小笠原、小沢 こ:小室、小泉、小出、小路、小金井

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

元々は「hwo」だったのだと思います。「hw」でひとつの子音です。 それが、 ・「hwo」→「wo」→「o」 ・「hwo」→「kwo」→「ko」 の2系統に分かれたのでしょう。地域方言なのか、階級方言なのかはわかりません。