日本の空母いずもにF35が垂直離着陸していますがどうして普通に飛行着陸&カタパルト発進をしないのでしょうか? 垂直離着陸は時間と燃料の無駄遣いじゃーないでしょうか? いかがでしょうか?

2人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

カタパルトだのアレスティングギアだのは必要でしょうけど。 将来的には空軍機も普通にSTOL機になって、別に艦載機として特別にあしらえなくてもちょっとした改修だけで軽空母で運用できるようになるんじゃないのかな。だとしたら「ひゅうが」の後継艦はSTOL空母になるでしょう。 皆様貴重な御回答ありがとうございました。!

お礼日時:10/17 10:56

その他の回答(12件)

0

運用する機体がCV型のF-35Cではなく、STOVL型のF-35Bだからですよ。F-35BとF-35Cの区別はついていますか? 「いずも」型で運用するのは、F-35Bですよ。これは、米海軍の強襲揚陸艦で運用していたり、イタリア海軍が軽空母「カヴール」や強襲揚陸艦「トリエステ」でも運用している機体。 F-35Cは、米海軍の原子力空母でしか運用しないタイプですよ。 「いずも」型は小さすぎて、カタパルトやアングルドデッキを設置するような改造は不可能なので、F-35Cの運用は不可能。運用するには、フランスのシャルル・ド・ゴールぐらいは、最低限ないといけません。米空母と仏空母は、相互運用性は確保されているので、双方の艦載機は、互いの空母で発着艦可能で、シャルル・ド・ゴールがオーバーホール中は、仏海軍の艦載機は、米空母で訓練をしています。 で、俗に言うSTOVL空母の運用ですけど、ハリアーⅡもしくは、F-35Bは飛行甲板上を、短距離滑走して発艦します。垂直離陸はまずやりませんよ。短距離を移動する場合や緊急時、デモンストレーションなど、限られた時にしかやりません。 垂直離陸(艦)は、飛行で燃料や兵装を消費して、機体が軽くなっているので、やっても特に問題はありません。また、STOVLで使うために、エンジンノズルが可変式になっているので、アレスティングフックを設置できないので、ワイヤーを引っ掛けて着艦とかできません。ただ、クイーン・エリザベス級は、広い甲板なので、短距離滑走着艦が可能。垂直着陸(艦)する場合もあるようですが。 F-35Bは以下の離着陸が可能。 通常の離着陸(普通に滑走路が長い飛行場などで) 短距離離陸(艦) 空母上や滑走路の短い飛行場での場合 短距離滑走着陸 クイーン・エリザベス級空母や滑走路の短い飛行場での場合 垂直離陸 あまりやらない 垂直着陸 強襲揚陸艦、軽空母上での着艦方法 ↓強襲揚陸艦上での発艦するF-35B なお、スキージャンプ台は必須ではない。 最低限の勉強はしましょうよ。

画像
0

空母じゃないからです ヘリ搭載護衛艦として配備運用している艦でヘリが降りられるので、垂直離着陸機も降りられるだろうと言うことで燃料補給や緊急時の収容先と言った能力を与え作戦に幅を持たせることが目的 どうしてもカタパルト発進と通常の着艦をさせたいならアメリカの中古空母を買えばいいんです、だけどそれには金がかかるしそこまでの能力はいらない(アメリカの空母が攻撃役をやるのを自衛隊は支援するだけ) なのでヘリ搭載護衛艦であって空母じゃないのです

1

そもそもいずもの飛行甲板:245m×幅38m 米海軍の空母の飛行甲板:332.9m×幅78m(ジェラルド・R・フォード) 着艦時に必要なアレスティング・ワイヤーなどの設備も無いので、そもそもそういう着艦はできないし、カタパルトを搭載してない(する予定もない)ので当然発射も自力ですが何か?

1人がナイス!しています

1

アングルド・デッキ作り直して甲板作り直してさらにノウハウが全く無い電磁式カタパルトをでっち上げて部品共有の少ないF-35CをFMSで購入して・・・ 上げれば切りがないぐらい問題がある 費用対効果考えたらカタパルトを採用した艦艇を最初から設計し直さないとひどく中途半 金と資材の無駄遣い

1人がナイス!しています

1

質問者様の思っている動画ありました。 もうご存じかと思いますが、リンク貼ります。 https://www.youtube.com/watch?v=P0EXYtPhbnc 動画の下のコメント欄無茶苦茶ですがw、まともな回答拾うと、空母機能のある強襲揚陸艦のワプスの日本版と考えるのがましかなと思います。 私が子供の頃ですが、ミッドウェーを中古で買うという話もあったようですが(原子力でもないのと、搭載機限定すれば(F4ファントムはフックもあったのでそのまま使えたので)、問題なかったと思いますが、いきなり空母避けたのと、第2次世界大戦頃の竣工なので、退役が見えているので、避けたのかなと。)。

1人がナイス!しています