不登校がずるくないってなんなんですか?

学校の悩み | 不登校3,818閲覧

3人が共感しています

ベストアンサー

11

11人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

そういうことです!言語化してくれて自分の考えが解決しました。ありがとうございます!

お礼日時:10/21 9:31

その他の回答(5件)

1

そのカウンセラーの方の言葉を要約するなら「学校に行きたくない理由があるのなら無理して行く必要はないよ、それはずる休みとは違うんだから」だと思います。不登校がずるいかどうかは別として、そもそもそのカウンセラーは無理をしてほしくないだけであって自己肯定感を上げたいわけではないと思います。 質問者様の不登校の人に対して「不登校はずるいです。ずるいことは悪いことです。」と不登校の人の現状を否定している時点でもうその人の自己肯定感は上がることはないでしょう。

1人がナイス!しています

1

不登校は、ズルくない派です。 ズルではなく、羨ましいです。 病欠で休んでいる子と同じで、正当に理由があっても、休んでいる人は羨ましい。それだけの事かと。 ズルかどうかを語る際に、まずズルを定義します。 goo辞書 ずる【狡】 ずるいこと。怠けること。不正をすること。 一般的に使われている意味として、ズルを「不正をすること(不正に利益を得る事)」と定義します。「怠けること」の意味だと、サボりの不登校はズルに該当しますが、ズルを怠ける事と捉えるのは一般的ではないと考えます。学校を休んでゲームセンターで遊んでいる不良などに「ズルい」とは言いませんから。ズル休みとは「怠け休み」ではなく「不正休み」ですよね。 それで、不登校は不正をしているかと言うと、していません。不登校は子供の権利であり、子供には義務教育を受ける権利であって、子供が教育を拒否しても違法ではありません。親には、教育を受けさせる義務がありますけど。 不登校をすれば、成績も下がるし、出席日数も付かない。受験でも不利です。やらなかった分は減点評価されています。「受験時の不登校への配慮」などは、規則として「正当な理由のあった場合」と認められた時のみなので、そこは「病欠」と同じで、「病気などの正当な理由で配慮を受ける」のは、不正ではないです。 個々の価値観や、時代により変化する価値観では、正義も悪も流動的ですが、社会的に正義や悪を判断するスケール(定規)は、日本法律です。不登校は犯罪や法律違反ではなく、教育委員会の認定においても悪ではないです。 まあ、百歩譲って、世界に善も悪もないなら、そこに正当もズル(不正)も存在しないのでズルくないです。悪い事をするのが悪くないなら、ズルい事をするのもズルくない。

1人がナイス!しています

3

ネットでイキりたいのか、 なんの八つ当たりか知りませんが、ずるくないです。 心が狭いですね。 自分自身失う、何かが損なわれ続けるぐらいなら学校なんて行かなくていいです。 不登校の人でもまだ苦しんでる人は沢山います。学校に行かなくても毎晩泣いてる人だってたくさんいますよ。 学校がどれだけ辛くても、死にたくなっても学校に行き続けろって言いたいんですね。 貴方みたいな歪んだ考え方をする人がいるから不登校が増えるんでしょうね。

3人がナイス!しています

ボロボロになっても行き続けたいなら行けばいいんじゃないですか? ネットの知らない人に言われてそうするのもどうかと思います。 あと、私は不登校で病んでる人へのカウンセリング方法を言ってるのであって、不登校がずるいかずるくないかは知りません。

6

自分からすると不登校がずるいという概念がわかりません。 ずるいって「人をだしぬいて自分が得をするような、正しくないやりかた」というみたいですよ。 不登校の人は学校に行かないことで被るデメリットを受け入れているわけなので全くずるくはないですよね。 >ですが悪いことをするのの何が悪いんですか 本当に自己肯定感をあげたいのならこうですよね? それって開き直りって言うんだと思います。 自己肯定感って、そういうことで上がるものではないと思います。 なんだか色々と勘違いしていそうですね。

6人がナイス!しています

開き直りじゃあ有りません。 この世界には正しい事なんて有りません。 だからそれがそういう概念が1番合ってるじゃないかなと思うんです。 不登校はずるいと思っている人間に対しての話だと思ってください。 不登校に限った話ではなくカウンセラーはこの世には正義なんてものは無いって教えてあげた方が良くないですか?