回答(2件)

1

https://kahoku.news/articles/20210715khn000040.html https://kahoku.news/articles/20210708khn000045.html https://kahoku.news/articles/20210520khn000038.html を見れば、福島第一原発は未だに予断を許さない状況が続いているという事が良く分かるのではないでしょうか。 私は、特に1号機は状態が急変して、冷却が出来なくなってメルトダウンが起きて放射能を福島第一原発の周りに大量に放出してしまう事を心配しています。 それと、「福島第1・腐食コンテナ」の中身については、3号機の核燃料プール内で起きた可能性がある核爆発と関係するものではないかと思っているのですが、 https://www.tokyo-np.co.jp/article/96140 を見てください。

1人がナイス!しています

2

即発臨界核爆発して吹き飛んじゃって、被曝から三年目には小児癌も激増状態。 再臨界した超高温の核燃料デブリは、炉心も、その下のコンクリート床も溶融貫通メルトアウト。 地下水を汚染して、その地下水が建屋にも逆流。DNAもダイレクトに破壊するトリチウムも安全安心って嘘をつき始めて、全く除去しないその汚染水も垂れ流し決定。 溶け落ちた核燃料デブリは、勿論1グラムも取り出せない状態。 何百兆円掛けても収束も不可能な事故だけど、その作業を見ても、建屋にカバーを付けてるように見えるけど、下はスッカスカで、シールドもしない剥き出し解体だから汚染が酷い場所をいじくる時には月に数億ベクレルkm2も放射性物質を降り注がせてるわ。 でも、人の被曝限度値を20倍も緩めて避難解除。勿論帰れる人は殆どいないの。

画像

2人がナイス!しています